ヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシング、AsLMS参戦。コッツォリーノらを起用

ヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシングが、ランボルギーニ・ウラカンGT3でAsLMSに参戦

 ヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシング(VSR)はリリースを発表し、2016-2017年シーズンのアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)のGTクラスに、ランボルギーニ・ウラカンGT3で出走することを明らかにした。

 チームの目標は、2017年のル・マン24時間レースへの参戦権を得ることと明言しており、ドライバーにはケイ・コッツォリーノ、エイドリアン・ザウグ、コリー・ルイスの3人が起用されている。

■ヴィンチェンツォ・ソスピリ(チーム代表)のコメント
「GTレースを始めたばかりの私たちにとって、これは大きな挑戦です。2014年の終わりに、私たちはランボルギーニ・スクアドラ・コルセやジョルジョ・サンナとともに、一連のGTレース参戦に関する戦略の計画を練りました。その計画どおりに発展できて、私たちはたいへん誇り思います。速さを持った若手の起用により、競争力のあるドライバーラインアップになったと信じていますし、これこそアジアン・ル・マン・シリーズ参戦においてチームがワクワクしている理由でもあります。私自身は1998年と1999年に世界有数の耐久レース、ル・マン24時間にドライバーとして出場するとても幸せな経験をしました。いつかは私自身のチームであの大舞台に立つことが私の夢です」

■ジョルジョ・サンナ(ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ代表)のコメント
「アジアン・ル・マン・シリーズのようなプロフェッショナルなチャンピオンシップへ、ランボルギーニ・ウラカンGT3で新たに参戦するヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシングを支援できて嬉しく思います。ランボルギーニ・スクアドラ・コルセにとって非常に重要な市場のサーキットで、私たちの若いドライバーたちが経験を積むには絶好の機会です」

■2016-2017 シーズンALSM開催日程(全4大会)
第1大会/2016年10月28〜30日 中国(珠海国際サーキット)
第2大会/2016年12月2〜4日 日本(富士スピードウェイ)
第3大会/2017年1月6〜8日 タイ(チャーン国際サーキット)
第4大会/2017年01月20〜22日 マレーシア(セパン国際サーキット)

■エイドリアン・ザウグ
Adrian Zaugg
国籍:南アフリカ、誕生日:1986年11月04日
■ケイ・コッツォリーノ
Kei Cozzolino
国籍:イタリア、誕生日:1987年11月09日
■コリー・ルイス
Corey Lewis
国籍:アメリカ、誕生日:1991年10月17日

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Asian Le Mans
ドライバー Kei Cozzolino
チーム ヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシング
記事タイプ 速報ニュース