【ダカール】ヒルボネン「結果のためにテクニカルなステージが必要」

X-Raid MINIからダカールラリーに出場しているミッコ・ヒルボネンは、良い結果を残すために”テクニカル”なステージに望みをかけている。

 元WRCドライバーのミッコ・ヒルボネンは、X-Raid MINIからダカールラリーに出場しているが、エンジンに小さな問題が生じたこともあって初日、2日目と”WRCに近いスタイル”のステージで、WRCで長年のライバルだったセバスチャン・ローブ(プジョー)に8分もの差をつけられた。

 しかしヒルボネンは3日目のオフロード区間で力強い走りを見せ、トップ3を占めたプジョー勢の後ろの4番手につけた。

 ヒルボネンは3日目終了後に、「今日は良かった。少しテクニカルで曲がりくねった区間なら、僕たちは他と戦うことができる。曲がりくねっていて、多くのコーナーがあるところで僕はすごくプッシュした」とmotorsport.comに語った。

「それがうまくいったし、ミシェル(ペリン/コ・ドライバー)はナビゲーションが非常に難しい区間で、素晴らしい仕事をしてくれた。僕たちはとても満足しているよ」

 それまでの3日間の戦いを総合して、彼は「(信頼性は)これまで問題ない。このままならいいんだが。ペースについてはもっと改善できるかもしれないが、テクニカルな区間ならそんなに悪くはない」と語った。

「僕はそれを楽しんでいる。実際に少しマシンを滑らせていた時はすごく楽しかった」

「しかし、僕らにとっても簡単には行かないだろう。1日1日を確実に、ナビゲーション側とドライバー側でミスを避けられるように取り組んでいる」

 ダカールラリー3日目は、トヨタのドライバーたちが軒並みトラブルに遭遇するというトヨタにとっての”厄日”だったため、当初良いペースを見せていたトヨタ勢がトップ争いから脱落し、プジョーに最も近いライバルがヒルボネンとなった。

 ヒルボネンは、トヨタ勢の脱落は彼の目標にはほとんど影響を及ぼさず、プジョーが楽になったとは考えていないと語った。

「最終的には、彼ら(プジョー)にとってもそれほど簡単にはいかないと思う。彼らにも同様に、ナビゲーションや何かに問題が起きるかもしれない。それはわからないが、我々はそれを待たなければならない」

「毎日全開で走り、どうなるか見てみなければ。もちろん、今のように走り続けることができるように願っているし、もしプジョーを捉えることができれば本当に満足できるだろう」

 このコメントの通り、ヒルボネンは4日目のステージを2位と好走した。ローブが大きくタイムをロスし、カルロス・サインツSr.(プジョー)もクラッシュによりリタイアしたため、ヒルボネンはシリル・デスプレ、ステファン・ペテランセルのプジョー勢に続き、トップから5分遅れの3番手に浮上している。

【関連ニュース】

4日目”転倒”のサインツSr.リタイア「背中に痛みがある」

ダカール4日目:ローブが後退。デスプレが総合トップに浮上

トヨタの”厄日”にデ・ヴィリエ「ダカールは残酷だ」

ダカール3日目:ペテランセルが首位。トヨタは試練の1日

ダカール2日目:ローブがトップ。5度目のステージ優勝

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar 2017
ドライバー Mikko Hirvonen
チーム X-Raid Team
記事タイプ 速報ニュース