【ダカール】ペテランセル「ローブは勝利する準備が整っている」

現在ダカール・ラリーで1−2位を占めるプジョーのペテランセルとローブは約2分差がついており、残すは5ステージとなった。

 これまでダカール・ラリーで2輪と4輪で合計12回の優勝経験を持つプジョーのステファン・ペテランセルは、現在チームメイトのセバスチャン・ローブに約2分差をつけて首位にいる。

 ペテランセルは、月曜日のラパス-ウユニ間のステージでローブよりも速かったが、それでもペテランセルはこの日のステージで先頭を走ったローブのパフォーマンスに感銘を受けたという。

「セバスチャンと戦うために、今日のステージを速く走れたのは良いことだ」とペテランセルは語った。

「彼は本当にいい仕事をした。彼は今日のステージで先頭を走ったから、全てのナビゲーションを行なった」

「彼にとって容易なことではなかっただろう。最終的なタイム差は本当にわずかなもので、結局はギャップをあまり広げることができなかったステージだった」

 ローブのパフォーマンスが予想を上回っていたものだったかと訊くとペテランセルは次のように語った。

「いいや、しかし我々は初めからそれ(ローブのパフォーマンス)について考えていた。セバスチャンは本当に速く、彼の学習スピードもとても早い」

「僕は(ダカール・ラリー)開始前に、彼は勝つ準備ができていると話していたんだ」

ローブ「勝利を夢見るのは早すぎる」

 月曜日の走行後、ローブは次のように語った。

「(走行に対し)大丈夫、良かったよ。僕たちは先導車だったから、決して簡単だとは言えないステージだった……僕たちは良いルートを見つけて、プッシュしようとしていたけど、ステファンの方が少し速かった。でも良いステージだったよ」

「明日は、先頭ではなく2番手でスタートできる。明日のレースがどのようになるのか見てみよう。僕たちはまだトップ争いの中にいる。それが最も重要なことだ」

 ローブに対し、残りの5ステージで勝利を掴むチャンスを信じているかと訊くと彼は次のように語った。

「まだ少し早い。僕はいつでも、どんな可能性もあると信じているけど、それは早すぎる」

「現時点では、まだどちらに転ぶかわからない。僕たちはただ、これまで通り走り続けるだけだ」

【関連ニュース】

【ダカール】悪天候でマラソンステージ短縮。プジョー勢は慎重な姿勢

【ダカール】悪天候により、ダカールラリー6日目中止

ダカール5日目:ペテランセルが奪首。ローブが区間首位で急浮上

ヒルボネン「結果のためにテクニカルなステージが必要」

ダカール4日目:ローブが後退。デスプレが総合トップに浮上

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar 2017
ドライバー Stéphane Peterhansel , Sébastien Loeb
記事タイプ 速報ニュース