【ダカール】第11ステージで再び首位のペテランセル。ローブと5分半差

ダカールラリー第11ステージを制したプジョーのペテランセル。トップ3はプジョーが占めている。

 金曜日に行われたダカールラリー第11ステージを制したのは、プジョーのステファン・ペテランセルだ。彼は総合2番手でチームメイトのセバスチャン・ローブに5分32秒差をつけ、明日はダカールラリーの終点ブエノスアイレスに向かう。

 アルゼンチンのサンフアンからリオクアルト間の11第ステージは、総走行距離754km(内、292kmが計測区間)あり、序盤にダカールラリー最後のオフロード区間を抜け、WRCスタイルの第2ポイントに入り、第2,3ポイントには長いインターバルを挟むという特徴を持つ。

 第10ステージでシモン・マルチックとクラッシュしたペテランセルは、事故後ステージに復帰し無事に走行を終えた。その後、主催者からの救済措置によりローブから5分50秒差をつけ首位に立ち、第11ステージを先行した。

 第11ステージの序盤では、ペテランセルの3分後にスタートしたローブがギャップを約2分以上も縮め、リエゾンに到着したのはペテランセルの4秒後だった。しかしその後のステージでは、ペテランセルの勢いが増し、最終的にローブが削ったギャップは18秒になった。

 明日、彼らはダカールラリーの終点、ブエノスアイレスに向けて総走行距離786km(内、SS区間64km)を走行する。

 プジョーの3人目のドライバーであり、現在総合3番手のシリル・デスプレは、第11ステージを首位ペテランセルの7分落ちで走行を終え、最後のステージをペテランセルの32分差で迎える。

 トヨタのナニ・ローマはプジョーの上位3人組の後につけ4番手。その後ろのトヨタのジニール・デ・ヴィリエとX-Raid Miniのオーランド・テラノヴァは、約2分差で5番手争いを繰り広げる。

 バイク部門ではKTMのサム・サンダーランドがトップを独走中、トラック部門は首位のエドゥアルド・ニコラエフ(カマズ)が2番手のディミトリ・ソトニコフ(カマズ)をさらに引き離し17分差でステージを終え、最終日を迎える。

【関連ニュース】

【ダカール】事故後のペテランセル、複雑なステージの危険性を警告

【ダカール】第10ステージはローブ首位。ペテランセルはバイクと衝突

プジョー代表「私を感動させた者は、ローブではない」

「中止は苦しい決断。だが人道支援は重要だ」と主催者

【ダカール】地滑りの影響で9日目キャンセル。被災地の支援も

Cars standings after Stage 11:

Pos.Driver/NavigatorCarTime/Gap
1

 Stephane Peterhansel

 Jean-Paul Cottret

Peugeot 28h20m16s
2

 Sebastien Loeb

 Daniel Elena

Peugeot +5m32s
3

 Cyril Despres

 David Castera

Peugeot +32m54s
4

 Nani Roma

 Alex Haro

Toyota +1h15m41s
5

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +1h49m37s
6

 Orlando Terranova

 Andreas Schulz

Mini +1h51m40s
7

 Kuba Przygonski

 Tom Colsoul

Mini +4h12m58s
8

 Romain Dumas

 Alain Guehennec

Peugeot +4h22m42s
9

 Conrad Rautenbach

 Robert Howie

Toyota +4h39m32s
10

 Mohammed Abu-Issa

 Xavier Panseri

Mini +4h50m50s

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar 2017
ドライバー Stéphane Peterhansel , Sébastien Loeb
チーム Peugeot Sport
記事タイプ ステージレポート