【ダカール】3日目:ペテランセルが首位。トヨタは試練の1日

ダカールラリー3日目は、2016年の総合勝者であるステファン・ペテランセルがトップ。総合ではセバスチャン・ローブが首位を堅持している。

 ダカールラリー3日目のステージが行われ、プジョーのステファン・ペテランセルがトップに立った。

 3日目はアルゼンチンのサン・ミゲル・デ・トゥクマンから、サン・サルバドール・デ・ジュジュイまでの合計512kmを走破するルート。これまでの2日間は標高が低い地域を走行してきたが、この日からはいよいよ高地に入り、まず5000mの山を越えなければならない。そのため、3日目のステージは240kmからなる序盤と、124kmの後半という2セクションに分けて行われた。

 28秒のリードを保ってこの日をスタートしたセバスチャン・ローブだったが、彼の優位性はすぐに消えてしまった。序盤のナビゲーションが重要となる区間で、トヨタのナサール・アル-アティヤが速さを発揮し、早々に4分のリードを築いた。

 しかし、ペテランセルが徐々にこの差を詰め、前半セクションのフィニッシュ地点では、アル-アティヤに2分差まで近づいてみせる。

 後半セクションの序盤、アル-アティヤに試練が襲いかかる。彼はコースを外れたことでホイールを大破。ここからの復帰に時間がかかり、最終的にはトップから2時間以上遅れた最下位に後退してしまった。

 アル-アティヤが失速したことで、ペテランセルがこの日のステージでトップに立った。そして総合でもローブがトップを堅持し、42秒差でカルロス・サインツが2番手、ペテランセルが4分18秒遅れで3番手に浮上、プジョー勢が1-2-3体制を築いた。X-Raid Miniのミッコ・ヒルボネンが、トップのローブから9分38秒遅れの4番手につけている。

 トヨタにとって3日目は、非常に厳しい1日となった。アル-アティヤのみならず、ナニ・ローマとジニール・デ・ヴィリエもこの日の後半セクションでストップ。ローマはなんとか5番手に踏みとどまったが、ヴィリエは35分のロスがあり、トップ10圏外に落ちてしまった。

Cars standings after Stage 3:

Pos.Driver/NavigatorCarTime/Gap
1

 Sebastien Loeb

 Daniel Elena

Peugeot 6h54m56s
2

 Carlos Sainz

 Lucas Cruz

Peugeot +42s
3

 Stephane Peterhansel

 Jean-Paul Cottret

Peugeot +4m18s
4

 Mikko Hirvonen

 Michel Perin

Mini +9m38s
5

 Nani Roma

 Alex Haro

Toyota +13m04s
6

 Yazeed Al-Rajhi

 Timo Gottschalk

Mini +15m17s
7

 Cyril Despres

 David Castera

Peugeot +15m25s
8

 Orlando Terranova

 Andreas Schulz

Mini +21m29s 
9

 Kuba Przygonski

 Tom Colsoul

Mini +27m37s 
10

 Martin Prokop

 Ilka Minor

Ford +33m54s

【関連ニュース】

ダカール2日目:ローブがトップに返り咲き5度目のステージ優勝

ダカール初日:トヨタのアル-アティヤが最速もトラブル発生

サインツSr.「今年プジョーに不公平な規制変更がされた」

ローブ「今年のトヨタは手強く、優位性を持っている」

自信を見せるトヨタ勢「プジョーと良いバトルできる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar 2017
ドライバー Giniel de Villiers , Nasser Al-Attiyah , Stéphane Peterhansel
記事タイプ ステージレポート