【ダカール】4日目:ローブが後退。デスプレが総合トップに浮上

ダカールラリー4日目はローブが大きくタイムロス、サインツがマシンを転倒させる中、デスプレが先頭に浮上した。

 ダカールラリー4日目、プジョーのシリル・デスプレがトップタイムを記録し、前日までの7番手から一気に総合トップに浮上した。

 この日のコースはアルゼンチンのサン・サルバドール・デ・ジュジュイから、ボリビアのトゥピツァまでの高地を走るコース。両国国境付近に短い中断区間があるものの、合計416kmのスペシャルステージが存在する非常に厳しい1日である。

 前日まで1-2-3位体制を築いていたプジョー勢のトップに立っていたセバスチャン・ローブは、ふたつ目のウェイポイントを通過するのに手間取り、20分をロス。順位を落としてしまう。チームメイトのステファン・ペテランセルも、同様にタイムロスした。

 またカルロス・サインツも、このステージ早々に10分の遅れを生じさせてしまう。これにより、デスプレがトップに浮上。トヨタのナニ・ローマを引き離してリードを奪った。

 サインツは序盤のタイムロスを補うべくローマを追っていたが、彼はマシンを転倒させてしまい、ストップしてしまう。

 これによりデスプレが総合トップに浮上。2番手につけるペテランセルに4分の差を築いた。総合3番手には、この日のステージで2位だったX-Raid Miniのミッコ・ヒルボネンが入ってきた。

 ステージ序盤にタイムロスがあったローブは、トップから6分48秒遅れの4番手、ローマは10分30秒遅れの5番手となった。

 ヒルボネンのチームメイトであるヤジード・アル-ラジーは、3日目からマシンに不調を訴え、この日の前半区間を終えた段階でラリーからのリタイアを決断した。

 またトヨタのジニール・デ・ヴィリエはステージ序盤こそタイムを失ったものの、3日目に燃料ポンプのトラブルで失ったロスを取り戻しつつある。それでも3日目の遅れは大きく、4日目を終了した段階でトップから約44分遅れの7番手となっている。

Cars standings after Stage 4:

Pos.Driver/NavigatorCarTime/Gap
1

 Cyril Despres

 David Castera

Peugeot 11h33m16s
2

 Stephane Peterhansel

 Jean-Paul Cottret

Peugeot +4m08s
3

 Mikko Hirvonen

 Michel Perin

Mini +5m04s
4

 Sebastien Loeb

 Daniel Elena

Peugeot +6m48s
5

 Nani Roma

 Alex Haro

Toyota +10m30s
6

 Kuba Przygonski

 Tom Colsoul

Mini +36m35s
7

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +43m59s
8

 Orlando Terranova

 Andreas Schulz

Mini +48m37s 
9

 Boris Garafulic

 Filipe Palmeiro

Mini +1h21m20s
10

 Mohammed Abu-Issa

 Xavier Panseri

Mini +1h35m50s

【関連ニュース】

トヨタの”厄日”にデ・ヴィリエ「ダカールは残酷だ」

ダカール3日目:ペテランセルが首位。トヨタは試練の1日

ダカール2日目:ローブがトップ。5度目のステージ優勝

ローブ「今年のトヨタは手強く、優位性を持っている」

ダカール初日はトヨタのアル-アティヤが最速もトラブル発生

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar 2017
ドライバー Carlos Sainz , Cyril Despres , Sébastien Loeb
記事タイプ ステージレポート