ダ・コスタ、DTM参戦は今季限り、今後はフォーミュラEに集中

BMWに所属するダ・コスタは、DTM参戦を今季限りで終了し、今後はフォーミュラEに集中すると発表した。

 BMWに所属するアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、DTM参戦を今季限りで終了し、今後はフォーミュラEに集中すると発表した。

 彼は2014年からBMWのドライバーとしてDTMに参戦していた。以来3度の表彰台を獲得してきたダ・コスタは、ザントフォールト(オランダ)で行われたレースで勝利を挙げた。

 ダ・コスタは、「DTMで、BMWという家族のようなチームにいることができたのは、とても光栄なことだった」と話した。

「小さいときから、いつも僕の夢はF1でレースをすることだった。F1にはたどり着けなかったけど、DTMに来たことは正しかった。他にも、キャリアを続けるためにDTMを選んだドライバーはたくさんいた」

「僕も同じことをしたんだ。BMWでキャリアを続けられてすごく嬉しかったけど、それも今年でおしまいだと今日は発表するつもりだった」

 ダ・コスタは、DTMにレギュラー参戦する一方で、2014年からはフォーミュラEに参戦している。日程がバッティングすることもあったが、その際はDTMを優先してきた。しかし今年は、DTMで難しいシーズンを送っている。

 フォーミュラEでは、チーム・アグリからアンドレッティに移籍したダ・コスタ。彼は再びシングルシーターのレースに集中しようと考えている。

 ダ・コスタが来年はDTMに参戦しないことの理由のひとつとして、彼がBMWの中でセカンドドライバーに位置づけられていることも考えられる。

 DTMに参戦する3メーカーは、来年は各メーカー6台体制にすることを検討しているため、DTMのふたつのシートに空きが出るかどうかは不明である。

「僕はDTMからいなくなるけど、僕にはいくつか将来のプランがある。BMWのドライバーでいることが今の僕にとっては最優先だ」

「BMWのおかげで僕は一流のドライバーになれたし、この素晴らしいブランドと一緒と関係を保つことができてハッピーだ」 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ DTM
ドライバー Antonio Felix da Costa
記事タイプ 速報ニュース