ELMS最終戦、ニコラ・ラピエールがPP、平川亮は7番手スタート

ELMSの最終戦は、21号車のドラゴンスピードがポールポジションを獲得。タイトルの期待がかかる平川は7番手からスタートする。

 ポルトガルのエストリルで行われたヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)最終戦の予選は、ニコラ・ラピエールのアタックで21号車のドラゴンスピードがポールポジションを獲得した。

 23号車のパニス・バルテス・コンペティションが暫定トップだったが、前回のスパで優勝しているラピエールが1分44秒146をマークし、チェッカーを受けた。

 38号車のGドライブ・レーシングのマシンをドライブするギド・ヴァン・デル・ガルデは、インターミディエイトタイヤを履くというギャンブルを成功させ、予選3番手を獲得した。

 ランキング首位の46号車ティリエ・バイ・TDSレーシングは、マティアス・ベッシェがアタックを行うもトリッキーなセッションで順位を上げることができず、決勝を7番手からスタートする。

 なおTDSレーシングは、決勝レースを4位以上でフィニッシュすると、今シーズンのチャンピオンが確定する。

 LMP3クラスは2号車のユナイテッド・オートスポーツが、LMGTEクラスは88号車のプロトン・コンペティションがそれぞれポールポジションを獲得した。

 決勝は、23日(日)13時30分(日本時間21時30分)から4時間で行われる。また、ELMS公式サイト等でライブ放送も視聴することができる。

Qualifying results (top 10):

Pos#DriversCarTimeGap
1 21  Nicolas Lapierre 
 Henrik Hedman 
 Ben Hanley 
Oreca 05 1'44.146  
2 23  Paul-Loup Chatin 
 Fabien Barthez 
 Timothé Buret 
Ligier JS P2 1'44.553 0.407
3 38  Giedo van der Garde 
 Simon Dolan 
 Harry Tincknell 
Gibson 015S 1'44.758 0.612
4 40  Olivier Pla 
 Nic Jonsson 
Ligier JS P2 1'45.237 1.091
5 32  Vitaly Petrov 
 Andreas Wirth 
 Stefano Coletti 
BR 01 1'45.857 1.711
6 28  Patrice Lafargue 
 Paul Lafargue 
 Dimitri Enjalbert 
Ligier JS P2 1'46.352 2.206
7 46  Mathias Beche 
  Pierre Thiriet 
 Ryo Hirakawa 
Oreca 05 1'47.125 2.979
8 29  Leo Roussel 
 Inès Taittinger 
 Julien Schell 
Morgan 1'47.382 3.236
9 41  Julien Canal 
 Nathanael Berthon 
 Memo Rojas 
Ligier JS P2 1'50.056 5.910
10 2  Alex Brundle 
 Mike Guasch 
 Christian England 
Ligier JS P3 1'50.355 6.209

 

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ European Le Mans
イベント名 エストリル
サーキット サーキット・エストリル
ドライバー Giedo van der Garde , Nicolas Lapierre , Paul-Loup Chatin
チーム ドラゴンスピード
記事タイプ 予選レポート