昨年勝者の1号車アウディが首位発進:ニュル24時間予選1回目

ニュルブルクリンク24時間レースの予選1回目が行われ、昨年勝者の1号車アウディ・スポート・チームWRTがトップタイムを記録した。

 ピエール・カッファー、クリストファー・ミエス、ニコ・ミューラー、そしてローレンス・バンソール組の1号車は、アウディR8 LMSを走らせ、雨が降り出す直前に8分21秒951を記録し、セッショントップとなった。

 2番手につけたのは、16号車ツイン・ブッシュ・モータースポーツのアウディR8 LMSで、トップとは1.2秒の差だった。3番手は75号車チーム・ザクスピードのメルセデスAMG GT3で、2番手との差はわずか0.1秒余りである。その後方には6号車アウディ・スポート・チーム・フェニックスのアウディR8 LMS、BMW M6 GT3を走らせる18号車シューベルト・モータースポーツが5番手につけた。なんと8分以上という長いコースにもかかわらず、上位8台が2秒以内にひしめく僅差となっている。

「先頭にいるというのは嬉しいね」と語るのは、1号車のカッファーである。

「でも、僕らは雨のため、クルマの真のポテンシャルを発揮できていません。僕たちはさらにスピードを増すことができると確信しています」

 予選1回目は夜20時にスタートが切られた。ただでさえ難しいニュルブルクリンクのノルトシュライフェ、その上夜間、そして雨とあっては、タイムアップは難しかっただろう。

 911号車マンタイ・レーシングのポルシェ911 GT3Rに乗るニック・タンディは、「常にコンディションは変わっている」と語る。

「夜になると、特にウエットパッチを見つけるのは、至難の技なんだ」

 なお日本勢は、36号車レクサスRC Fが総合33位(クラス1位)、106号車スバルWRX STIが総合55位(クラス2位)、188号車レクサスRCが総合142位(クラス7位)、326号車トヨタCH-Rレーシングが総合143位(クラス5位)となっている。

 

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Endurance
イベント名 ニュルブルクリンク24時間
サーキット ニュルブルクリンク
ドライバー Augusto Farfus , Daniel Keilwitz , Dennis Busch , Laurens Vanthoor
記事タイプ 予選レポート