【耐久】ロバート・クビサ、ポルシェGT3でドバイ24時間参戦へ

元F1ドライバーのロバート・クビサが、ドバイ24時間レースにポルシェのGT3マシンを駆って参戦することになりそうだ。

 2006年から2010年にかけてF1に参戦し、2008年のカナダGPでは優勝も果たしたロバート・クビサ。2011年もF1に参戦する予定だったが、開幕前に出場したラリーでクラッシュし、重傷を負ってしまった。

 彼は特に右腕を大きく怪我したため、その後現在に至るまでF1に復帰できていない。それでも、WRCや耐久レースに参戦し、レースを続けてきているクビサ。その彼が、1月12〜14日までドバイで行われる24時間耐久レースに、ポルシェのGT3マシンで挑むことが明らかになった。

「僕は1月12日から14日にかけて、ドバイでレースをしたいと思っている。僕はポルシェGT3マシンを走らせるナショナルチームに加わる。そして、他にも24時間レースに出るつもりだ」

 昨年、クビサはオフシーズンテストで、バイコレスのLMP1マシンをドライブした。そしてその際にクビサは、負傷したことで世界耐久選手権(WEC)に出走するチャンスが減ることはないと語っていた。また彼は、昨年はムジェロ12時間耐久レースに出走したり、ルノー・スポール・トロフィーに参戦して表彰台に登壇したりと、徐々にサーキットレースへの復帰を果たし始めている。

【関連ニュース】

クビサ、バイコレスのLMP1をテスト。怪我の影響は”問題なし”

ロバート・クビサ、ローマ6時間レースでルノーをドライブ

ロバート・クビサ、スパで開催のルノー・スポール・トロフィーに参戦

【ダカール】4日目”転倒”のサインツもリタイア「背中に痛みがある」

【ダカール】アル-アティヤ、無念のリタイア。3日目のダメージ深刻

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Endurance
ドライバー Robert Kubica
記事タイプ 速報ニュース