ニュル24時間はあと2時間。メルセデスAMG GT3の4台による優勝争い

ニュルブルクリンク24時間レースは佳境を迎え、メルセデスAMG GT3の4台による、激しい先頭争いになっている。

 ニュルブルクリンク24時間レースも、いよいよ佳境にさしかかってきた。残りは約2時間である。

 先頭争いは、完全に4台のメルセデスAMG GT3に絞られた。つい先ほど、4号車AMG-チーム・ブラックファルコンと88号車ハリボー・レーシング・チーム-AMGがピットインを行い、29号車AMG-チームHTPモータースポーツがトップに浮上。9号車AMG-チーム・ブラックファルコンまでが同一周回であり、何かあればまだまだ順位逆転の可能性はあるだろう。

 この4台のメルセデスAMG GT3の後方5番手には、23号車ロウエ・レーシングのBMW M6 GT3がつけている。

 日本勢は35号車ニッサンGT-R GT3が12番手、106号車スバルWRX STIが22番手、36号車レクサスRC Fが23番手、326号車トヨタC-HRレーシングが90番手、 188号車レクサスRCは138番手を走行中である。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Endurance
イベント名 ニュルブルクリンク24時間
サブイベント Sunday race
サーキット ニュルブルクリンク
記事タイプ レースレポート