豊田章男社長がニュル24Hに登場、レクサスRCをドライブ

5月26日に開幕したニュルブルクリンク24時間レース。初日に行われた予選1回目で、モリゾウことトヨタ自動車の豊田章男社長が走行を行った。

 26日の開幕初日はフリー走行を経て、20時から予選1回目がスタート。TOYOTA GAZOO Racingは、36号車のレクサスRC F、188号車レクサスRC、326号車トヨタC-HRレーシングの3台をエントリーした。そのうち188号車レクサスRCに、急遽豊田社長が乗り込み、走行を行った。

 エントリーリストには、確かに188号車のドライバーのひとりとして、豊田社長のエントリー名である”モリゾウ”の名が記されていたが、実際にドライブするのかどうかはもちろん、ニュルブルクリンクに来場するのかどうかも不明だった。ただ、事前に関係者が「ご本人が走りたがっているのは間違いありません」と語り、含みを持たせていた。

 豊田社長はニュルブルクリンクに到着すると、すぐさま身支度を整え、レクサスRCに乗り込み、チェック走行と2周のアタックランをこなした。

 ガレージに戻った豊田社長は、走行した理由について次のように語った。

「レースに出る出ないというより、みんな一生懸命この日のためにクルマを作っているわけじゃないですか? それを最後のフィルターとして、この土地で、この道でチェックしてあげるのが最後の役割だと思いましたから。それで走りました」

 そして、実際にドライブしたレクサスRCについては「長く乗っても疲れないクルマだと感じました。耐久レースにはいいかもしれませんね。ただ、シート熱くない? シートヒーターついてるの? 寒い日にはいいですけど、暑くなったらドライブは大変ですよ」と評価を下していた。

 27日には予選の2回目とトップ10予選が行われ、決勝レースは28日にスタートが切られる。再び豊田社長がステアリングを握るかどうかは、まだ不明である。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Endurance
イベント名 ニュルブルクリンク24時間
サブイベント Thursday
サーキット ニュルブルクリンク
ドライバー Akio Toyoda
記事タイプ 予選レポート