F3ヨーロッパ選手権イモラ:ストロールが今季タイトルを確定。F1デビューへ王手

ランス・ストロールはイモラで行われた欧州F3のレース2で優勝し、今季の同選手権タイトルを確定した。

 イタリアのイモラ(エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ・サーキット)で行われたF3ヨーロッパ選手権のイモララウンド。この週末には3レースが行われ、ランス・ストロール(プレマ)が3レース中2レースを制し、今季の同選手権タイトルを確定させた。

 土曜日に行われたレース1は、ストロールが先頭を逃げる展開。しかし、後方をピタリと付けていたレッドブルのジュニアドライバーであるニコ・カリ(モトパーク)がセーフティカー明けのリスタートで先頭を奪い、そのままチェッカー。チャンピオン候補のストロールを0.788秒退け、F3ヨーロッパ初優勝を果たした。

 日曜日の午前中に行われたレース2では、ストロールのタイトル争い唯一のライバルとなっていたマキシミリアン・ギュンター(プレマ)が6周目のメインストレートでクラッシュ。一方のストロールは先頭でチェッカーを受け、今季10勝目を果たした。

 ストロールは日曜午後に行われたレース3も圧勝。ジョージ・ラッセル(ハイテックGP)を7.559秒退けて、今季の勝利数を12に伸ばし、タイトル獲得に自ら花を添えた。

 ストロールは来季ウイリアムズからF1デビューすることが噂されていて、このF3タイトル決定により、スーパーライセンスの発給条件を満たしたことになる。

 なお、T-Sportから2回目のスポット参戦を果たした笹原右京は、レース1はエンジントラブルによりリタイア、レース2では13位、レース3はスロットルのトラブルで3周目にリタイアとなっている。

 また、スーパーGTで#36 au TOM'S RC Fにも乗るニック・キャシディ(プレマ)は、レース1で4位、レース2で7位、レース3で8位という成績だった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F3 Europe
イベント名 イモラ
サーキット イモラ
ドライバー Lance Stroll
記事タイプ レースレポート