アメリカGPでのマッサとアロンソの接触。カメラマンがその決定的瞬間を捉えた!

アメリカGPの終盤、アロンソはマッサを強引にオーバーテイク。マッサは今もアロンソを批判する。その決定的瞬間をひとりのカメラマンが撮っていた。

 アメリカGPの決勝レース終盤。マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、ウイリアムズのフェリペ・マッサを強引にオーバーテイクした。マッサはこの件について批判し、「レーススチュワードに親友でもいるんじゃないか?」とまで発言した。

 カメラマンのホセ・マリオ・ディアスはこの決定的瞬間を1枚の写真に収めた。関係者はこの写真をどう見たのか? 彼らの意見を聞いてみることにしよう。

フェリペ・マッサ(ウイリアムズ/ドライバー)
「上からカメラで見ると、彼のオーバーテイクは素晴らしいように見える。しかし、彼は遠くからやってきた。彼はただブレーキをかけなかっただけだ。そして、僕はコーナリングしていた。僕がそこにいなければ、彼はまっすぐに行っていただろう」

「僕にぶつからなければ、彼はとにかくコースアウトしていたはずだ。彼はすごく後ろにいたから、僕もラインを閉めようとはしなかった。彼は全然近くなかったんだ。正直に言って、彼の非常に仲の良い友人が、絶対にスチュワードの中にいるんだと思うよ」

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン/ドライバー)
「ウイリアムズを抜くためには、他とは違う、クレイジーとも言える場所でオーバーテイクしなければならない。狭く、そして非常に速度の遅いコーナーのようなところでだ。それは難しいことだけど、ファンにとって楽しめるものだったら良いね」

「僕は彼とサイド・バイ・サイドになっていたと思う。何も僕は、考えられないような場所からやって来たわけじゃない。僕はすでに並んでいたし、彼がターンインするようなスペースはなかった」

「僕は積極的にインサイドに飛び込もうとした。そして、残念ながら僕らは接触してしまったが、共に走り続けることができた」

パット・シモンズ(ウイリアムズ/チーフ・テクニカル・オフィサー)
「FIAはレーシングインシデントだと決定した。しかし、私はこれに同意できない。結果について話すより、そのインシデントについて話をしなければならないんだ。事件の結果は、判断の一部であるわけがない。そうあってはならないんだ」

「ドライバーとチームマネージャーが、彼らの感じたことについて、スチュワードに対して意見を述べる。そして、その後決定がなされる。しかし、彼らはそれをレーシングインシデントだと決定したんだ」

「私は、アロンソのブレーキが遅すぎたと思う。彼がフェリペに当たった時も、彼はまだコース上に止まっていた。そして彼はフェリペをブレーキに使い、コースに残したんだ」

ホセ・マリオ・ディアス(カメラマン)
「私はターン14で、マシンの後部から撮影していました。私は細部に注目するため、Nikon D4(ISO 200、F値7.1、1/1000秒)にロングレンズ(500mm/ニコン)を付けていました」

「レースの終盤だったので、周りには他にカメラマンはいませんでした。彼らはみんな、表彰台に行っていました。でも、私は幾つか撮ってみたい写真がありました。それ以前にはチャンスがなかったので。私が見た時、マッサとアロンソは非常に近づいていたのです。そして、オーバーテイクの可能性があると考えました。しかし、彼らが接触するとは、想像もしていませんでした」

「その瞬間を収めることができて、私は満足しています。しかし、私はマッサに対して心配していました。私もブラジル人で、彼のファンですから」

「どんなスポーツを撮影する時でも、それをよく理解する必要があると思います。私はモータースポーツしか撮りませんが、その瞬間をどうやって待てばいいのか知っています。私は2台のクルマが接近するのを見て、オーバーテイクの瞬間を待っていました。彼らが接触したという事実は、幸運以外の何物でもありません」

「私はアメリカをベースに活動する、フリーのカメラマンです。そして、フォーミュラEで走るネルソン・ピケJr.や、IMSAのアクション・エクスプレス・チームと仕事をしています。また、幾つかのイベントもカバーしています。オースティンにいた理由は、ブラジルの自動車雑誌用の写真を撮るためです」

【関連記事】

マッサ、接触の不満収まらず。「アロンソはスチュワードに”親友”がいたんだろう」

ウイリアムズ、アロンソのお咎めなしに不満。「彼はマッサを”ブレーキ”に使った!」

アロンソとのバトルに大満足のサインツJr.。一方「マッサ次第で5位もありえた」

F1アメリカGP決勝分析:ハミルトンはタイム差以上の完勝劇だった!?

今季限りでF1引退のマッサ、レース・オブ・チャンピオンズに参戦。来年1月にマイアミで開催

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アメリカGP
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー Felipe Massa , Fernando Alonso
チーム McLaren , Williams
記事タイプ 速報ニュース