アロンソ、マクラーレンの不振が”日本GP限り”であることを期待

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンの不振が日本GPの1戦だけであることを祈っている。

 マクラーレンは日本GPの週末、ペースに苦しんだ。その結果、フェルナンド・アロンソは16位でホンダのホームGPを終えた。

 チームメイトのジェンソン・バトンは、Q1でノックアウトされたばかりか決勝では18位。さらに悪い週末を過ごした。

 マクラーレンはその理由についてまだ解明できていなものの、アロンソは今週末だけの不振であることを期待している。

「僕らは今週末、常にスピードが足りなかった。その理由を、僕らは探さなければならない」

 そうアロンソは語る。

「5日前、僕らはマレーシアでチェコ(セルジオ・ペレス)と戦い、7位でフィニッシュした。そしてその1週間後、僕らはザウバーの後ろになってしまったんだ」

「この週末については少し失望している。特にホンダのホームGPだからね。でも、僕らができることは何もなかった。僕らは次のオースティン(アメリカGP)に向け、解決策を見つける必要がある」

「ここは特殊なサーキットだと思う。僕らはこの数戦、よくやってきた。だから、これが当たり前だとは思わない。何らかの理由で、僕らにとっては強力ではない週末になったのだと思う」

「僕らが速い週末ではなかった。しかし、僕らはこれがただ1戦だけのことで、普段はそうではないということを確認しなければならない」

 16位はマシンのペースを反映したものではないと、アロンソは考えている。しかし、15番グリッドからスタートしたレースはトラフィックの影響で、非常に厳しいものになったと語る。

「マシンにはもっとペースがあった。しかし、後方からスタートした時には、レース中ずっとトラフィックに悩まされてしまうんだ」

 そうアロンソは説明する。

「僕らはオースティンで速くなれるように頑張る。そしてトラフィックのない、先頭に近いポジションからスタートしたい。そして、ポイント圏内に戻れることを祈っている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース