アロンソ、決勝に向けパワーユニット交換へ。さらなるペナルティも?

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、アップグレード版パワーユニットの信頼性に悩まされている。

 マクラーレンホンダのフェルナンド・アロンソは、パワーユニットにトラブルを抱え、1周も走れずに予選を終えた。

 フリー走行3回目では、油圧が低かったことが原因でセッションを中断したが、その問題が再び予選でも起きてしまい、ホンダはフリー走行3回目と同じパワーユニットで予選を走ったことは間違いだったと認めた。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川裕介氏はこう話した。

「今朝のフリー走行で、いくらか油圧が低いことがわかり、そこでセッションをやめなければいけなかったのです。データをチェックし、油圧を調整しました」

「我々は予選で走れると考えていたので、リスクをとって予選に出走しました。ですが私の判断が間違っていたので、明日に向けてパワーユニットを交換する必要があります」

信頼性の改善はなされたのか?

 アロンソは金曜日にアップグレード版のパワーユニットを搭載したが、タービンからの水漏れが発生したために旧型のパワーユニットに戻した。そして2基目のアップグレード版パワーユニットを搭載したところで、今度は油圧の問題が起こった。

 ホンダはF1復帰2年目のシーズンを迎え、信頼性も格段に改善されたのに、なぜふたつの問題に悩まされているのかと問われた長谷川氏は、以下のように答えた。

「これまで私たちは、ふたつの問題は偶然起こったもので、アップデートには関係ないと考えていました。しかし、パワーユニットをチェックする十分な時間が取れていなかったことに注意を向けなければいけません」

 ホンダのエンジニアたちは、レースに向けて、アロンソのパワーユニットのどのコンポーネントを変更するか議論しており、それ次第ではかなり大きなペナルティを受けることになる可能性もある。

ホンダ「進歩を続けている」

 信頼性に関しての失望はあるが、長谷川はこのパワーが要求されるトラックでジェンソン・バトンがQ3に進出したように、パワーユニットのアップデートは効果を発揮していると考えている。

「スパでは非常に困難なレースになると考えていました」

「もちろん現在の状況のに満足していませんが、アップデートがうまく機能したために、ホッケンハイムと同じレベルのことができると考えています」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース