アロンソ「雨のチャンスを活用するため、空を見上げよう」

フェルナンド・アロンソは、予選でトップ10入りを果たしたものの、まだ自信を持ってモナコを走ることができていないと語る。

 アロンソは予選Q3に2戦連続で進出し、10位となった。しかし、キミ・ライコネンがギヤボックス交換によるグリッド降格ペナルティを課せられるため、9番手からスタートすることになっている。

 Q3に進出したにもかかわらず、アロンソはフロントのグリップ不足が、モナコを走る上で彼を苦しめているという。

「その観点から、週末を通じてクルマから快適さを感じられないんだ」と、アロンソはマシンのハンドリングについて語る。

「フロントのグリップが幾分不足しているように感じる。モナコを自信を持てずに走るということは、毎ラップが非常に難しいテストになるんだ。攻める必要がある上、クルマがどう反応するかわからないんだからね」

「だから、簡単じゃなかった。その意味では、僕は全く満足していない。でも、過去に戻ることはできないんだ」

「僕らはレースで、ポイント獲得を狙わなきゃいけない。今週末、多くのトラブルやインシデントを目撃してきた。僕らはそこにいる必要があるし、うまくいけば素晴らしい結果を手にできるだろう」

 アロンソは、予選でトップ10に入れたことが、非常に重要だったと語る。モナコではオーバーテイクが難しいからだ。

「僕らはそれ(Q3進出)を手にすることを目指していた。特にここモナコでは、決勝で追い抜きが難しいからね。問題なく、Q3に行かなければならなかったんだ」

「明日は雨という予報もあるね。だから僕らはその機会を最大限活かすために、空を見上げることにしよう」

 なお、アロンソのチームメイトであるジェンソン・バトンは、Q3進出を逃したばかりか、予選13番手に終わってしまった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース