アロンソ、Q2のタイヤ選択に「小学校レベルのミス」と憤慨

フェルナンド・アロンソは、オーストリアGPの予選でチームのミスを「小学校レベル」と非難し、不満を明らかにした。

 予選Q2に進出したマクラーレンのフェルナンド・アロンソは、雨の予報が出ていたため他のマシンが軒並み最初から新品タイヤを装着する中、中古のタイヤを履いてコースインしてしまった。この影響でアロンソは14番手でQ2ノックアウトとなってしまった。

 ピットを離れる際、アロンソは新品タイヤが付いていることを期待していたと述べている。そして、なぜ中古タイヤを装着されていたのか、その理由を知らなかったと認めた。

「僕らにQ3に進出できるペースを持っていたとは思わないが、失敗したと思う」とアロンソは言う。

「僕らは雨が降るという予報を持っていたから、Q2では早めに新品タイヤを履いて出て行こうとしたんだ。しかし、何らかの理由で僕は新しいタイヤを装着しておらず、Q1で使ったタイヤを履いていたんだ」

「だから、最初のトライはうまくいかなかった。そして新しいタイヤを履いた時、イエローフラッグが出てしまったんだ。最大の過ちは、他のみんなと同じように、新しいタイヤを履かなかったことだ」

「ウォーマーを脱いだ時、突然中古タイヤを履いているのが見えたんだ。それは驚いたんだけど、後戻りすることはなかった」

「すごく苛立たしかったよ。僕らはすでに速くなかった。僕らは良いポジションにいるわけじゃないのに、その上に小学校レベルのミスを犯した。それは実に苛立たしかったよ」

 レースにおけるチャンスに付いて尋ねられたアロンソは、次のように答えた。

「スタート時に新品タイヤを履けるから、それは良いことだろうね」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース