アロンソ、Q3進出は『利益なし?』スーパーソフトの挙動を不安視

フェルナンド・アロンソは、イタリアGPの予選でQ3に進出しても利益がないかもしれないと考えている。

 フェルナンド・アロンソは、フリー走行2回目で7番手タイムを記録。サーキットの特性により、モンツァのレースは難しくなると予想しているにもかかわらず、期待の持てる金曜日を過ごしている。

 金曜日に示したペースにも関わらず、アロンソはQ3に進出する可能性について控えめにコメントする一方で、スーパーソフトタイヤでスタートしなければならないため、トップ10からスタートすることがメリットになるかどうか不透明だと語った。

「僕たちはまだ昨日と同じ目標を設定している。難しい週末になるだろうし、Q3に進出できたら驚きだ」とアロンソは語った。

「Q3進出に利益があるかどうかもわからない。決勝でスーパーソフトタイヤがどういう挙動をするのか次第だ。だから明日は落ち着いて向き合い、明確な予測もない状態でベストを尽くすことになる」

 アロンソは、マクラーレンのマシンのパフォーマンスが予想より良かったことを認めた。

「たぶん予想していたよりも少し速くて、うまくいけば明日は良い日になるだろう」

 アロンソのマシンにはFP1とFP2の両方で問題が発生したが、心配する必要はないと主張している。

「信頼性が完璧じゃないっていうのは常にリスクがあるってことだ。僕たちは起きたことから常に学習していく必要があるけど、今日発生した問題はちょっと運が悪かったんだ。深刻でもないしデザインの変更が必要なわけでもない」

「ただ単に不運だった。それから学ぶ必要がある。そして順位を争っている時に、再び起きないようにするのが大事だ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット モンツァ
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース