「ウイリアムズはもっと良い仕事ができる」とボッタス

ボッタスはチームにパフォーマンス向上を要求する一方、自身の将来に関してはまだ何も発表できないと話した。

 ウイリアムズはこれまでの2年間、コンストラクターズランキングを3位で終えてきたが、今年はパフォーマンスの低下により、現在はランキング5位につけている。

 バルテリ・ボッタスは、まだ来年の計画を発表していないものの、これまでマシンのポテンシャルを最大限に活用できておらず、2年前の方が調子が良かったと認めた。

 ボッタスは、「ウイリアムズは今よりも良い仕事ができるはずだ」とアメリカGPに向けて話した。

「2年前は様々な点で調子が良かった。でも今はポテンシャルを活かしきれていない」

「ワークスチームと戦えるくらい、チームには能力がある。現状よりももっと良くなるはずだ。どうなるか見てみよう」

「ここ何レースかは、単純にペース不足で苦労していた。でも、チームはもう来年のマシン開発に力を入れている」

「まだ何も発表できない」

 ボッタスの将来に関する発表は遅れており、最近ではボッタスがルノー移籍に向けて接触したという話もある。

 ボッタスは、すぐには何も発表できないだろうと考えている。

「来年に関して、物事が確定するまで多少待つ必要がある」

「ウイリアムズとは素晴らしい時間を過ごしてきたし、良い結果も残してきた。でも、まだたくさんのことをやり遂げたい。今後は状況を見守る必要がある」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Valtteri Bottas
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース