ウイリアムズ、シートベルト変更か? シンガポールGPでの問題を重要視

ウイリアムズは、シンガポールでボッタスに起きたシートベルト問題により、シートベルトのメーカーを変えるようだ。

 シンガポールGPのレースで、ウイリアムズのバルテリ・ボッタスのシートベルトが緩んでしまうという問題が発生。ボッタスは余計なピットストップを強いられている。

 ウイリアムズはマレーシアGPの金曜フリー走行で、今まで使っていたウィランズのシートベルトを引き続き使っているが、問題は発生しなかった。

 しかしながら、チームは近々シートベルトのブランドを変えることになるという。

「同じ種類のベルトを使っていた」と金曜日の走行の後、ボッタスは語った。

「いくつかのパーツは新しいものだけど、今後のレースではもっと多くのものを変える予定だ」

 木曜日、ボッタスはシンガポールでの問題について「1ラップもしないうちだったんだ。それ自体はOKなんだけど、クラッシュしないようにするので精一杯だった。けどそんなにスローダウンもできなかったよ!」と語った。

「ベルトがやや緩んでいたんだ。完全にではなかった。まだ固定されていたからね。けどこれが最初じゃないよ。2年前のブラジルで起きたことがあると思う」

「問題の原因はまだ正確にはわかっていないんだけど、もう2度と起こらないように、僕たちは何かアクションを起こす。だからおそらく、(シートベルトの)マニュファクチャラーを変えるだろうし、今回のレースでもいくつか変更を施している」

「しかし、僕たちがやりたい変更を全部反映させるためには、今後数レースでいくつかテストをする必要がある」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Valtteri Bottas
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース