ウイリアムズ、トラブルの原因はブレーキダクトの変更

ウイリアムズは、上海国際サーキットで発生したリヤタイヤに起因することだったことを確認した。

 フェリペ・マッサは、フリー走行1回目の間に、2度のタイヤトラブルに遭遇した。チームはこの原因がリムにあることをすぐに突き止めたが、その後さらに分析した結果、ブレーキダクトと擦れることによって、リムが破損していたことが確認された。チームがクリアランスを改めると、午前中に起こった問題はたちどころに解決した。

 ウイリアムズのテクニカル部門トップ、パット・シモンズは「ブレーキダクトをより多く設けるという、マシン後部の設定変更により、ホイールリムに問題が起きてしまった」

「何が起こったのか発見するのは、実に難しかった。しかし、我々はそれを確認し、修正した。その原因が分かってみれば、実際には非常に簡単なことだったんだ」

「ダクトは、基本的にはバーレーンと同じだった。しかし、非常に小さな変更があったのです」

マッサは安心

 フェリペ・マッサは、何が起きたのかをチームが完全に理解することが重要だと考えていた。問題が解決したことで、再び週末に集中できると言う。

「問題の原因が分からない場合、それはあなたに影響を及ぼすだろう」とマッサは言う。「しかし、重要なのは、チームが問題点を理解した後のことだ。だから僕は信頼し、今までと同じように一生懸命、できる限りプッシュしようと思う」

 マッサは問題が再び起こらないということを確信し、フリー走行2回目でロングランをすることにも成功した。

「僕らはホイールリムに問題を抱えていたけど、FP1後に変更を加え、問題が解決したんだ」

「僕はひとつのセッションを完全に棒に振ってしまったから、ポジティブな1日とは言えないと思う。でも、FP2ではしっかり周回数を重ねることができたし、問題がなかった日よりも良かったと思う」

「明日のふたつのセッションは、おそらく条件が変わる。多分雨が降るんだろうね。でも、僕らの準備は整っているはずだよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー Felipe Massa
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース