ウルフとガナッシ、17歳ストロールを”次期F1スター”と高評価

メルセデスのトト・ウルフとチップ・ガナッシは、ヨーロッパF3のポイントリーダーであるランス・ストロールの才能に太鼓判を押す。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、長年にわたって若い才能を見出すべく、注目を続けてきた。そして、メルセデスの重責を担う前にはバルテリ・ボッタスを発掘し、そのマネージメントを手助けしていた。そして彼は今、カナダの大富豪であるローレンス・ストロールを父に持つ、17歳のランス・ストロールに目を向けている。

「ランスは、彼の父親の助けを借りて、カテゴリーを昇格していった」とウルフが語る。

「しかし欠点は、彼がどれほど良いのか、人々が認識していないということだ」

「17歳の少年と話す時、35歳の人と話していると思ってしまう傾向がある。彼の成熟度と知性は、素晴らしいんだ」

「次のカナダ人のF1ドライバーは、彼であると思う。そして、それは彼の父親の財産とは全く関係ない」

「彼はまた、非常に一生懸命働いている。彼の知性と成熟度は、本当に優れているんだ。そんな17歳を、僕は見たことがない」

「例えばマックス・フェルスタッペンは、確かに未成年という感じだった。クルマに乗れば素晴らしい、しかし、彼と話をすると、彼が子供だと感じた。しかし、ランスはそうじゃない。彼の成熟度は、驚くべきことだよ」

ガナッシ「懐疑的だったが、彼はホンモノだ」

 ストロールは今年のデイトナ24時間で、チップ・ガナッシのマシンをドライブし、スポーツカーデビューを果たした。

「彼は我々に、強烈な印象を残した」とガナッシは先週末にmotorsport.comに対して語った。

「彼はデイトナ24時間で本当に素晴らしい仕事をした」

「ランスとフェリックス(ローゼンクヴィスト)のようなドライバーは、野心的なチームのレーダーの対象になっているだろう。インディカーかF1かは分からないがね。彼らは、大きな可能性を秘めた、新進気鋭の”子供たち”を探しているんだ。彼らはどこへ行っても、素晴らしく、そして速いだろう」

 しかし、彼はF1にたどり着くことができるだろうか?

「ああ、私はそう言うだろう」とガナッシは答える。

「多くのお金持ちの子供たちがやってきた。そして挑戦するために、彼らの家族は多くのお金を使った。しかし、それは台無しになった。時に、彼らは簡単にここへきているからね。そして、時に彼らは正しい姿勢で(レースに)対峙していなかった」

「私は彼の父親を、25年も知っている。しかし、私はランスを知らなかったし、当初は少し懐疑的だった。ランスの何が私にとって印象的だったかと言えば、彼は正しい姿勢でレースに臨み、そしてよく学び、よく耳を傾けたんだ。そして、私は断言しよう。その子供は”ホンモノ”だよ」

「彼は今年、それを証明している。今、彼はF3で7勝かい? そのシリーズは、本当に競争力のあるシリーズだと聞いている」

「そして、彼はこれまで、自分自身を証明しているんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Chip Ganassi , Lance Stroll , Toto Wolff
記事タイプ 速報ニュース