ウルフ「ここでペナルティを受けるのは妥当」

メルセデスのトト・ウルフは、スパでペナルティを受けることに後悔はないというが、モンツァもその候補だったという。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、シーズン後半戦に向けて使用できるパワーユニットの数を増やすことを選択したため、その代償として55グリッド降格ペナルティを受ける。結局スパでのレースは、グリッドの最後列からスタートする。

 これによってハミルトンは、新たに3つのパワーユニットを手にした。

 チーム代表のトト・ウルフは、「今の時点では、ペナルティを受ける必要がある」と話した。

「他のマシンとのギャップを考えると、彼(ハミルトン)がポジションを取り戻すのはかなり難しいだろう」

「後からだったらなんとでも言えるが、もしスパでペナルティを受けなければ、モンツァでペナルティを受けることも選択肢だった」

「しかしこれまでの情報やパラメーターを見ても、ここ早めにでペナルティを受けて、ルイスに新しいパワーユニットを与えることは、正しいことだと私は確信しているよ」

「だけどレース中に気温が上がって暑くなると、ルイスがポジションを上げるのは難しくなる」

「タイヤで苦しんでいる」と認めたウルフ

 ここベルギーで、チームはタイヤのライフに関して苦しんでおり、スーパーソフトタイヤを使い続けることができなかったとウルフは認めた。

 ハミルトンのチームメイトであるニコ・ロズベルグは、スーパーソフトタイヤを履いてポールポジションを獲得した。しかしロズベルグは、予選2番手のレッドブルのマックス・フェルスタッペンから0.15秒しか先行できず、今シーズンの他のレースよりもギャップが小さいことがうかがえる。

 しかしロズベルグは、レースでスーパーソフトタイヤを使うつもりはなく、予選Q2と同じくソフトタイヤを使うという。

 ウルフは、「我々は他のチームよりも、タイヤのオーバーヒートやブリスターに苦しんでいる」と説明した。

「結果として、ソフトタイヤとスーパーソフトタイヤの1秒のギャップは、大した差にはならない。だからスーパーソフトタイヤを諦めたんだ」

「ドライバーたちが言うように、ターン1ではリヤタイヤが使い物にならなくなってしまう。ソフトタイヤを履いた時のパフォーマンスは、私たちが考えていた通り普通だが、これ以上のものは引き出せないよ。タイヤがダメになってしまう」

妥協が必要

 今週末、メルセデスが様々な問題を抱えているのには、いくつか理由があるという。

「すべてのことが繋がって今の状況にいる。どうしようもならない問題はひとつじゃない」

「タイヤの消耗が激しいんだ。ここは難しいサーキットだから、ダウンフォースを増せば増すほど、タイヤに厳しくなる。タイヤに風が当たるといいのだが」

「例えば、バクー(アゼルバイジャン)のようなコースだったら、我々にかなり有利だった。だけど他は我々にとっては不利で、特にターマック、熱、高速コーナー、スーパーソフトタイヤではよくない。我々が今苦しんでいるのと同じだ」

「レースのスケジュールを考えても、21レースすべてでパーフェクトなマシンなんて見たことがない。いつもどこかで妥協が必要だし、平均してベストなパフォーマンスを発揮しなきゃいけない」

「おそらく、私たちも妥協が必要だよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Lewis Hamilton , Toto Wolff
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース