ウルフ「ペナルティの出し方には一貫性がない」と批判

メルセデスのトト・ウルフは、ドイツGPでニコ・ロズベルグがペナルティを科せられたことを受け、その判定に一貫性がないと指摘している。

 メルセデスのニコ・ロズベルグはドイツGPで、3番手を争ってレッドブルのマックス・フェルスタッペンを追い抜こうとした際、彼をコース外へ押し出したとして、5秒タイムペナルティを受けた。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、過去に他のドライバーたちが同じような動きをした時は、ペナルティを受けていなかったと考えている。

「いつだってドライバーはコース外へ押し出したりする。ドライバーの中にはペナルティを受ける者もいればそうでない者もいる」

「これはペナルティには一貫性がないことを表している。何が救済策だって? それはわからないよ」

「我々はハードなバトルが見たいけど、5秒ペナルティは気の毒だった。あれが完全に間違っていたと言いたいんじゃなくて、いつ、どんなペナルティを受けるのかどうかを理解していることが重要なんだ」

 一方レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、オンボード映像を見れば、マシンは接触していないにもかかわらず、ロズベルグはコーナーをきちんと走行していないと話している。

「あれはレーシングインシデントだと言えるけど、もし彼の全てのタイヤがロックアップして白煙を上げていたら、その場合はラインの外を走ったかもしれないけどね」

「問題なのは、(コーナーで)彼がブレーキングして、そこから走り出したように見えたことだ。それがスチュワードの目にとまったんだろうね。これは彼らの責任であって、我々の責任じゃない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ドイツGP
サーキット ホッケンハイム
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース