ウルフ、F1の無線制限について再考を求める

メルセデスのトト・ウルフは、チームラジオによるドライバーへの指示の制限について、再考が必要だと考えている。

 先日行われたヨーロッパGPのレース中、メルセデスのルイス・ハミルトンとフェラーリのキミ・ライコネンは、自身のマシンに必要なセットアップ変更について、ピットからの指示を得られなかったとして、不満を明らかにした。

 ハミルトンは、ライジオでの指示が制限されていることについて、F1の魅力を奪っていると考えている。なぜなら彼は、コース上で反撃を再開する可能性を奪われてしまったからだ。

「僕の知る限り、ラジオの制限はドライバーを補助することを禁止するものだ」とハミルトンは言う。

「でも、これはドライバーの補助ではない。F1は非常に技術的、あまりにも技術的なんだ」

「マシンには多くのスイッチポジションがあり、修正を行うことができる。しかし問題が発生しているかどうかを確認できる唯一の人は、ガレージにいる人々だ」

「もし僕がフルパワーを得ていたら、観客の皆さんにより多くのことをお見せできたはずだ。なぜなら、僕は前を行くドライバーたちとより多くのバトルを行うことができただろうから」

ルールを変更した方がいい

 ウルフは、このスポーツがより魅力的なものになるための要素を奪わないよう、無線の制限内容を再考する必要があると考えている。

「我々は、それぞれのドライバーによるレースが見たいと思う。しかし、今のクルマは非常に複雑だ。技術面で非常に洗練されているんだ」とウルフは説明する。

「我々はルール見る必要があると思う。不満を言っているわけではない。正反対だ。それは誰にとっても同じだ。フェラーリも同じような問題を抱えていたと思う」

「ふたつのことができると思う。ひとつは、技術面の複雑さをはるかに少なくすることだ。ただ、私はそれは正しい方向だとは思わない」

「もうひとつは、規則を調整し、何か問題があった場合にはドライバーにより多くの情報を与えることができるようにすることだ。しかし、それをどうやるかだね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース