オコン、マノーからのF1デビューが決定。ハリャントはリザーブに

マノーは今季開幕戦からステアリングを握ってきたリオ・ハリャントに代わり、エステバン・オコンをF1デビューさせることを明らかにした。

 マノーとリオ・ハリャントの契約は、今季の前半11レースのみだった。ハリャントはドイツGPで追加の1戦を走ったものの、結局はこれでチームを離れ、エステバン・オコンにシートを譲ることになった。

 オコンは現在ルノーのリザーブドライバーの役割を務めているが、メルセデスのドライバー育成プログラムの一員である。そして、マノーのマシンに乗り、今季残りの9レースを戦うことになる。

「我々は今季残りのレースでエステバンを迎え入れることができ、非常に満足している」

 マノーのチーム代表であるデイブ・ライアンはそう語っている。

「我々はスパでエステバンにグランプリデビューの機会を与えることを、誇りに思っている。我々は今季残りのシーズン、当面の競争相手に対して、非常に強力なラインアップを持つことになる」

 オコンは今季初めから、パスカル・ウェーレインに代わってメルセデスからDTMに参戦している。そしてそのウェーレインが今後のチームメイトとなる。また、今季残りのDTMのレースはF1とは重複していないが、オコンはF1に集中したいとの希望を明らかにしている。

「今月末のスパで、マノーからグランプリデビューできることに興奮している。これはすべてのコースの中でも、僕のホームコースに次ぐ最善のサーキットだ」とオコンは言う。

「僕はこのエキサイティングなステップアップのための準備ができているよ。今季これまで、F1でリザーブドライバーを経験してきたおかげだ。共に仕事をしてきたルノー・スポールF1チームとメルセデス・ベンツに、今回の機会を与えてくれたことについて感謝したい。僕はそれを両手で掴み取るつもりだ」

 なおシートを失うことになったリオ・ハリャントだが、今後はリザーブドライバーとしてチームにとどまるよう、オファーされている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Esteban Ocon , Rio Haryanto
チーム マノー
記事タイプ 速報ニュース