オーストリアでの失速に困惑のリカルド「なぜ遅かったのか分からない」

ダニエル・リカルドは、先週行われたオーストリアGPで、なぜ自分にはチームメイトに匹敵する速さがなかったのかを説明し、途方にくれた。

 オーストリアGPの決勝レース、マックス・フェルスタッペンが不自由なくドライブする一方で、ダニエル・リカルドはレースの早い段階で彼に抜かれてしまい、中盤はついていくことができなかった。

 チームメイトが1ストップ作戦を採用し2番手を走行する中、ポジションを落とすリスクがないと分かると、リカルドは2度の単独ピットストップを行い、なんとか5番手を守った。

「今日できることは全部やれたと思う。でも、何らかの理由で今日は速さがなかった。どうしてこうなったか知りたいし、学ばないといけな」

「自分とマックスのセットアップに大きな違いはなかったと思う。タイヤに関しては、かなりプッシュしたし、タイヤの実力を引き出せた。だから、どうして十分な速さを出せなかったのか理解することが大切だ」

「他のドライバーに引き離されたし、できなかったことがたくさんあるということにがっかりした」

 リカルドは特に、とても簡単に追い抜かれてしまったことに困惑している。

「最初の数ラップは、おかしかった。ターン6の出口で3回もオーバーテイクされて、何か違ったパワーモードで走っているのかと思った」

「わからないけど、僕は正しいモードで走っていた。でも他の人たちと比べると、僕らは遅かった。それもターン8の手前の短いストレートでもだよ!」

「そこでポジションを失ったし、すでに他のドライバーたちと対等になれなかった。セーフティーカーの後で一度状況が落ち着いた後でさえ、僕らは速くなかった」

 リカルドは、今週末のイギリスGPで早くもマシンに戻れることが嬉しいと付け加えた。

「2週続けてレースがあって嬉しいよ。いつもレースの翌週にまたレースに戻れたらいいのにね」

「先週のレースでどうして速くなかったのかを解決する時間があるはずだ。今週は僕もずっとファクトリーにいるよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Daniel Ricciardo , Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース