クビアトのチーム残留に噛み付くビルヌーブ。「トロロッソは”窓際”チーム」

ジャック・ビルヌーブは、クビアトは来季シートに見合うだけの結果を残していないと語った。

 ダニール・クビアトは今シーズン、たった4レースを走っただけでレッドブルから姉妹チームのトロロッソへ降格させられたが、アメリカGPの週末に来季もトロロッソに残留することが発表された。

 歯に衣着せない発言で有名な元F1チャンピオンのジャック・ビルヌーブは、クビアトを残留させるというレッドブルの決定について、結果に基づいたものではないと語った。

「驚いたね。彼の成績はF1に残れるようなものではなかったから。しかし彼らはクビアトの取り組み方に将来性を見たんだろうね、私の予想だが」

 5月にトロロッソに降格させられたクビアトは、14レースで4ポイントしか獲得していない。一方、彼のチームメイトのカルロス・サインツJr.は34ポイントを獲得している。

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストを含めた多くの人々が、クビアトはトロロッソに戻ってきた後、疑う余地なく進歩を遂げていると語っているが、ビルヌーブはそうは思っていない。

「彼はトロロッソに降格してから、何も進歩していない」とビルヌーブは語った。

「彼はサインツからそれを得ているんだ。クビアトはそのレベルにない」

「それに、トロロッソはドライバーをキープするようなチームではない。だから何か理由があるはずだ。チームにとってメリットである理由がね。おそらく、彼はとてもハードに働いて、マシンの開発を助けているんだろう! 外から知ることはできないがね」

 サインツかクビアトのどちらかが、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが座るレッドブルチームのシートに挑戦できるかと問われたビリヌーブは「それはない。レッドブルはふたりのドライバーに満足している。彼らはふたりのスタードライバーを擁しているんだ」と語った。

「トロロッソは、”窓際”チームになりかけている」

関連

クビアト、トロロッソ残留発表。チームはドライバーラインナップを維持

新契約発表のクビアト「辛い時間は終わり。トロロッソを信じている」

サインツ、クビアトとのペア継続を歓迎。「ドライバーとして彼を尊敬している」

ガスリー「GP2の結果を待たずしてクビアトの続投が決定された、残念だ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniil Kvyat , Jacques Villeneuve
チーム Toro Rosso
記事タイプ 速報ニュース