クビアト、トロロッソ残留発表。チームはドライバーラインナップを維持

トロロッソは、ライバルへの移籍を阻止する形で、ドライバーラインナップを維持すると発表した。

 ダニール・クビアトが、フォースインディアへの移籍を狙っていることが明らかになってから、わずか数日でトロロッソはクビアトの残留を発表。来季もカルロス・サインツとのドライバーラインナップを維持することがわかった。

 サインツにルノーが接触していたこともあって、トロロッソはプレスリリースで「いくつかのチームが、我々の才能のあるドライバーたちの周りを嗅ぎ回っていた。手を触れるな、彼らは我々のドライバーだ!」と発表した。

 クビアトは、チームが彼を残留させるという決定を下したことを歓迎した。

「レッドブル、ドクター・(ヘルムート)マルコとチームのみんなのサポートと、今年僕がチームに戻ってきてから、彼らが示してくれた誠実さに感謝したい」とクビアトは語った。

「家族のように感じているこのチームに残れて、すごくハッピーだ。ともに来年の仕事に一生懸命取り組むのを楽しみにしているし、僕は来年上位を狙っている。僕は常に”200%”全力で取り組んで、いつもやっている通りプッシュしていく。それは間違いない。すごく嬉しいよ!」

 チーム代表のフランツ・トストは、来年のマシンは大きく変わるため、チームにとって一貫性が重要だったと語った。

「それが、ドライバーラインナップを比較的早めに発表した理由だ」と彼は語った。

「来年のF1には、新しい要素が多く導入される。特に、我々のチームにとってはパワーユニットのサプライヤーが変わるということもあり、ふたりのドライバーを維持するということにより、一貫性が得られて、作業のベンチマークになる」

「カルロスに関しては、来季で我々との3年目になる。このことから、我々が彼をどれだけ高く評価しているか分かるだろう。最近のレースでは、ダニールも絶好調であることは明らかだ」

「私はいつも彼に、彼の将来は我々と共にあると言ってきた。彼は成績を残し、来季マシン、STR12のシートに座るのにふさわしいパフォーマンスを示した。我々は、非常に才能が溢れた強いドライバーのペアで、我々に競争力があると予想している、来季に取り組んでいく」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniil Kvyat
チーム Toro Rosso
記事タイプ 速報ニュース