グロージャン、ブレーキトラブルで出走できず「どうすることもできなかった」

グロージャンのシンガポールGPは散々なものになってしまったが、チームへの信頼の念は絶やさなかった。

 ハースのロマン・グロージャンのシンガポールGPは、悲惨な幕開けをした。金曜日のFP1ではラップタイムを残すことができず、その後のFP2でクラッシュ。1日でわずか12周回しかできていない。

 土曜日では、原因不明の2度目のクラッシュでQ2敗退。その後ギヤボックスの交換したため、5グリッド降格のペナルティを課されてしまう。しかし決勝では、レース前にブレーキのトラブルが発覚した為、グロージャンのマシンはスターティンググリッドに立つことすらできなかった。

 こうしてグロージャンは散々な週末を過ごしたが、それでも彼はチームを信頼し続けている。

「僕は大丈夫だよ。僕はこれからのレースを信じている」グロージャンはそう語った。

「今、僕たちがすべきことは、次のマレーシアGPでアップグレードしたパッケージがちゃんと作動するのかテストすることだ。スムーズなレースを迎えられるように、チームと一緒に頑張るよ」

 また今週末のチームは、悪い流れの中にあったことをグロージャンは認めた。

「土曜日は、明日がきっと良いレースになると思っていんだ。でも残念ながら、それは起きてしまった」

「FP1でロスした時間を取り戻そうと、精一杯マシンを手がけてきたチームに対して気の毒に思うよ。でもマシンのブレーキが機能しなくなってしまって、レースに参加することができなくなってしまった。僕たちには何が起きたのかわからないよ。誰にとっても難しい問題だった」

「僕たちは周回することすらできなかった。ブレーキペダルが動かないんだよ。僕たちはトラブルを解明することができず、ブレーキペダルが床底から戻ってくることはなかった」 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Romain Grosjean
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース