ザウバーは次のアップデートに期待。「マノーに勝ちたい」

マーカス・エリクソンとフェリペ・ナッセは、サマーブレイク明けのスパで、さらなるアップデートに期待を寄せている。

 今シーズン12レースを終えて、未だザウバーはポイントを獲得できておらず、今季のマシンC35に施された最初の大型アップデートは、ドイツGPで投入された新型のリヤウイングだった。

 先月、チームの所有権がロングボウ・ファイナンスに引き継がれたことにより、シーズン後半に向けて、新しい空力パーツを導入できることになった。

 マーカス・エリクソンは、アップデートされたリヤウイングの効果はあまりインパクトがなかったが、新しいフロントウイングやフロアなど、今後のアップデートはザウバーのレベルアップに対して重要なものになると期待している。

「マシンのフィーリンングには大きな違いはなかった。だけど、新しいリヤウイングに関しては、ダウンフォースの点でいくつかポイントがあった」と、エリクソンはmotorsport.comに話した。

「大きなステップではないけど、正しい方向に向かうステップだ」

「願わくばスパで、リヤウイングと一緒に残りのアップデートを投入したい。そうすれば大きなアップデートになる。新しいフロントウインぐ、新しいノーズ、できればフロアもね」

 ドイツGPでパワーユニット問題に見舞われてしまい、レースを終えることになったフェリペ・ナッセはこう話した。

「多少はよかったよ。僕たちのすべての問題を解決することはないけど、少し前進した」

「僕たちはスパに投入するパッケージに取り組んでいるんだ。できればもっとダウンフォースを得たいね」

ポイント獲得が目標

 エリクソンは、チームが新しいパッケージを投入すればポイント獲得を狙うことができ、コンストラクターズ選手権で10位を争うマノーを追い抜くことができるだろうと楽観視している。

「今シーズンはまだレースが残っている。たとえまだポイントを取れていないとしても、僕たちはポイントを取れると信じて、そこに向かってレースをする必要がある。それが目標だ」

「もし僕らが目標を持てなければ、家にいたほうがいい。僕たちは戦って、マシンを改善するためにベストを尽くすつもりだ」

「マノーがポイントを獲得していることは、僕らがもっとハードに仕事をするためのモチベーションだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Felipe Nasr , Marcus Ericsson
チーム Sauber
記事タイプ 速報ニュース