シューマッハーが”歩いた”という虚偽報道について裁判が開始

ドイツの裁判所は、ミハエル・シューマッハーが歩いたという虚偽の報道に対し、損害賠償の支払いを命じる可能性を示唆した。

 昨年12月、ドイツのセレブ雑誌『ブンテ』は、巻頭企画としてミハエル・シューマッハーがセラピストの手を借りて数歩歩いたという記事を掲載した。この記事には、シューマッハーは手を動かすこともできると書かれていた。

 しかし、シューマッハーのマネージャーであるサビーネ・ケームはこの記事に即座に反応し、この報道は完全に虚偽のモノだったと明らかにした。そしてケームは、その出版物が無責任な方法で取材活動を行っていたことも示唆した。

 その際に発表された声明で、ケームは次のように語った。

「残念ながら、最近報道により断定された、ミハエルが再び動いたという情報は真実ではないということを、明確にしなければなりません」

「このような憶測は無責任です。彼の怪我の深刻さを考えると、彼のプライバシーを保護するのは、マイケルのためには非常に重要なことです」

「残念ながらそれはまた、多くの関係者に謝った希望を与えてしまうことになります」

 シューマッハーの家族はこの件について裁判所に持ち込むことを決め、彼らの弁護士であるフェリックス・ダムは、報道が虚偽であること、シューマッハーの健康に関する情報を掲載することは個人情報保護法に違反していることを主張した。

「彼は歩くことができない」とダム弁護士は語った。そして、シューマッハーの家族が彼の完全な状態を明らかにするのは、正しいことではないと付け加えた。

『ブンテ』誌の代表は、彼らが受け取った情報が、シューマッハーの状況をよく理解した、信頼性の高い情報提供者からのものであることを主張している。

 ハンブルクで開始された裁判で裁判長は、シューマッハーの家族に対し4万〜10万ユーロ(450万〜1130万円)の損害賠償を支払うことを『ブンテ』誌側に命じる可能性を示唆した。最終的な判決は、来月にも下される見込みである。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Michael Schumacher
記事タイプ 速報ニュース