ジェンソン・バトン「来年スーパーGTでレースをするかも……」と発言

ジェンソン・バトンは、2017年に日本のスーパーGTに参戦する可能性があるようだ。

 マクラーレンは先日、2017年のドライバーラインアップを発表。フェルナンド・アロンソのチームメイトには、ストフェル・バンドーンを迎えることが明らかになった。そしてジェンソン・バトンは、2017年はF1に参戦しないことも併せて発表されている。

 しかしバトンは、これは引退ではなく、2018年にF1に復帰する可能性を示唆している。彼は2017年は自分の好きなようなスケジュールに沿って生活したいと語るが、その一方でラリークロスやスーパーGTに参戦することも可能だと語っている。

「僕は友人たちや家族、そして他のことに時間を使いたいと思っている。トライアストンが大好きなんだけど、ラリークロスやスーパーGTのようなレースにも参戦するつもりだよ」

 バトンはシンガポールGPのプロモーションイベントでこのように語ったと、ロイターが伝えている。

「非常に多くの選択肢がある。とてもエキサイティングだよ。なぜなら来年は、僕が望むように人生を楽しむことができるんだからね。僕はレースをしたいと感じたならば、2018年にレースに復帰できる契約を締結しているんだ」

「僕は17年間、F1をドライブしてきた。大人になってからずっとその生活なんだ。だから僕は1年間、F1にスケジュールが影響されない生活をしたいんだ」

 もしバトンのスーパーGT参戦が実現すれば、日本のファンにとっては朗報とも言える。果たして、参戦は実現するのだろうか?

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , スーパーGT
ドライバー Jenson Button
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース