ストロール優勝-優勝-2位の完璧な週末でスーパーライセンス獲得に王手

ランス・ストロールは、スーパーライセンス発給条件をほぼ満たし、F1シートの契約の一歩手前だ。

 ウイリアムズのリザーブドライバーであるランス・ストロールは、先週末に行われたF3ヨーロッパ選手権ニュルブルクリンク戦の3レースで優勝、優勝、準優勝という完璧とも言える結果を残した。よって、彼は残りの2ラウンド(6レース)の段階で、ドライバーズランキングのトップ3入りを確定させた。

 現在ストロールは、3位にいるチームメイトのニック・キャシディから148ポイント、4位のジョージ・ラッセルに149ポイントのアドバンテージを持っている。

 そのふたりには僅かながらストロールを上回るチャンスが残っているが、ストロールを超えるために必要な150ポイントは残りの2ラウンド全てのレースを優勝しなくては獲得できない。つまりストロールは、ふたりに越され、4位になる可能性はゼロなのだ。

 F3ヨーロッパ選手権での3位以上が保証された今、スーパーライセンスポイント20以上の獲得が確定した。すでにストロールは、昨年のF3ヨーロッパ選手権で5位になり8ポイント、2014年のイタリアF4タイトルで12ポイントと、計20ポイントを獲得している。つまり、現段階でF1スーパーライセンス取得に必要な40ポイント(直近3年での合計ポイント)を獲得することが確定したということになる。

 来季フェリペ・マッサに代って、ウイリアムズのシートに収まる最有力候補者であるストロールは、10月29日に18歳の誕生日を迎えた後、F1スーパーライセンス発給の対象になる。

 その前に、これからのイモラ戦で彼がチームメイトのマクシミリアン・ギュンターより7ポイント以上獲得できた場合には、F3ヨーロッパ選手権チャンピオンも決定していることだろう。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , F3 Europe
ドライバー Lance Stroll
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース