セルジオ・ペレスに8グリッド降格ペナルティ:F1シンガポールGP

セルジオ・ペレスは、シンガポールGP予選中のイエローフラッグ無視を問われ、8グリッド降格ペナルティを科せられた。

 フォースインディアのセルジオ・ペレスは、シンガポールGP予選で10位となった。しかし、予選Q2終盤にハースのロマン・グロージャンがクラッシュ、マクラーレン・のジェンソン・バトンがストップしてイエローフラッグが振られた際に十分な減速をせず、さらに他車を追い抜いたとして調査対象となり、スチュワードに召喚されていた。

 この審議の結果、ハースのエステバン・グティエレスを抜いた件に関して3グリッド降格、さらにスローダウンが十分ではなかったとして5グリッド降格、合計8グリッド降格のペナルティが科せられることになった。

 またペレスには、ペナルティポイント3が科せられた。

 この結果ペレスは、シンガポールGPの決勝レースを18番グリッドからスタートすることになる。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Sergio Perez
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース