トト・ウルフ「タイトルはロズベルグの手の中にある」

ロズベルグは、次戦ブラジルGPで勝てばタイトルを獲得する状況にあり、有利な立場にいるとウルフは話している。

 ニコ・ロズベルグ(メルセデス)は、あと2レースを残してルイス・ハミルトン(メルセデス)に19ポイント差をつけている。そして次戦ブラジルGPで勝利すると、チャンピオンを獲得することになる。

 メルセデスのチーム代表トト・ウルフは、ロズベルグがハミルトンの後ろでフィニッシュしてタイトルを獲得するのではないか、という考えにロズベルグが悩まされることはなく、残りのレースに集中するだろうと話した。

「今はニコが有利だ。『最後まで走りきって2位でフィニッシュしないといけない』という必要はもうないんだ」

「タイトルは彼の手の中にある。もし彼がブラジルで勝ったら、彼はそこでチャンピオンになる」

「彼にはまだアブダビ残されているから、あまりプレッシャーを感じずにこの状況を迎えることができるという点で、かなり優位だろう」

「非常に面白い状況だ。チャンピオンシップのためにも、何が起きてもファンにとっては素晴らしいことだ」

 ロズベルグがメキシコGPを2位でフィニッシュしたことについては、こう話した。

「マックス(フェルスタッペン)が(ロズベルグに)追いついてきて、プレッシャーを受けていた。でもそれをうまく処理できた。我々は何度もプレッシャーを受けながらも、ニコがうまくやってきたのを見ている。これが彼の強さのひとつだ」

「2位でレースを終える必要がありながらも、リタイアのリスクを犯さず、レースを走りきるこという状況が、想像はできても、どれほど難しいことか私にはわからない。だから彼は良い仕事をしているはずだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース