トロロッソ、引き続き2種類のパッケージを使用

トロロッソは2種類のパッケージを持ち込んでテストしているが、結論が出ないため、土曜日も両方を使うと決めた。

 最近では成績が落ち込んでしまっているトロロッソは、以前ドイツGPに持ち込んだ新しいパッケージが機能し、本当にペースの改善につながっているのかどうかを探り続けている。

 シンガポールGPの金曜日、カルロス・サインツJr.が新しい方のパッケージで、チームメイトのダニール・クビアトが従来のパッケージでそれぞれ走行し、パフォーマンスの違いを理解するためのデータを収集した。

 タイムシートを見れば非常に良い結果ではあったが、チームはどちらのパッケージが正しいのか結論を出せずに苦しんでいた。そしてチームは、このまま2種類のパッケージで走らせることを決めた。

 サインツは、「このことだけが今日の悪いニュースだ。というのも、どちらのパッケージも似たような結果になったからね」と話した。

「だからチームは両方のパッケージを明日も使うことを決めたんだ。週末を通して、何かを見つけられるかどうか試してみるよ」

「僕らが考えていたほど、新しいパッケージから得られるものは多くなかったし、理想的じゃない。今年多くのことを改善できたわけじゃないけど、来年はレギュレーションが変わるし、神に感謝するよ」

 エアロパッケージについては不透明だが、金曜日の2回のフリー走行をいずれもトップ10内で終われたことに関してはポジティブだという。

「ここはかなり僕らに合っているサーキットで、いくらか良い面も見えたからハッピーだ」

「1周のうち多くのエリアでタイムを失ったモンツァとは違って、ここはフルスロットルで走る区間が1周の半分以下だから、僕らがタイムを失う区間も半分以下だ。そのことも含めてハッピーだよ」

「結局、僕らのダウンフォースレベルでも走れるんだ。ライバルたちはもっと速いけど、僕らは本来いるべき順位、いなければならないところに戻ってきたんだ」

 明日の予選ではQ3に出場できるかどうかと質問されたサインツは、「可能性はあると思うけど、今日よりは難しいんじゃないかな」と答えた。

「明日は別にエンジンに関しては何も進歩しない。(セルジオ)ペレス(フォースインディア)や彼のチームメイトの(ニコ)ヒュルケンベルグと同じラップを走るだろうし、ホンダもペースを上げてくるだろう。ホンダは何か隠していそうだし、問題も抱えているだろう。だからQ3は難しいと思う」

「目標は達成できなかったけど、僕らがトップ10からそう遠く離れていなかったのは良いことだ」

「日曜日はクレイジーなレースになると思うよ! ここでポイントも取りたい。明日はQ3進出も可能だ。嘘はついてないけど、今日よりは難しそうだね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Carlos Sainz Jr.
チーム Toro Rosso
記事タイプ 速報ニュース