Felipe Massa

ハミルトンに同情を寄せるマッサ。「でも『クラッシュゲート』よりは……」

マッサは、マレーシアGPでトップ独走中にエンジンブローでリタイアしたハミルトンに同情を寄せた。

 ウイリアムズのフェリペ・マッサは、マレーシアGPでトップ独走中にエンジンブローが起き、リタイアしたメルセデスのルイス・ハミルトンの心境が痛いほどよく分かると語った。

「ルイス・ハミルトンがマレーシアGPでがっかりしていたのを見ると、2008年のブダペストで(僕に)起こったことを思い出す。ハンガリーGPでトップを独走していたんだけど、ゴールまであと数周というところでエンジンが故障し、メインストレートで突然ブローしてしまったんだ」

 その2008年、ハミルトンとチャンピオン争いをしていたマッサは、最終戦ブラジルGPでポールトゥウィンを飾ったものの、ハミルトンが土壇場で順位を上げ、わずか1ポイント差でチャンピオン獲得を逃した過去がある。

「このような辛いエンジンブローは、ドライバーに精神的なダメージを与える。勝てるレースを失ってしまってがっかりするだけじゃなく、チャンピオン争いに重要なポイントを、取り逃がしてしまったことがわかっているからだ」

「その当時、ものすごい悲しみを感じたことを思い出した。自分は何も間違ったことをしていないことがわかっていたから。けど、メカニカルトラブルも、このスポーツの一部なんだ」

「残念だけど、こういうことを勘定に入れておかなければならない。でも、僕は2008年のシンガポールで起きたことよりは、受け入れやすいと思うけどね」

  マッサは以前のコラムで、2008年のシンガポールGPで起きた『クラッシュゲート』がキャリアで最悪の瞬間だったと語っている。

関連:フェリペ・マッサのコラム「僕がF1を引退する理由」

 マッサは今週、最後の日本GPに臨むことになる。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Felipe Massa
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース
Topic Felipe Massa