ハミルトン、スタート失敗は「自分のミス」と認める

ルイス・ハミルトンは、日本GPでの最悪のスタートで勝利を失ったことを認めている。

 フロントロウからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンは、チームメイトのニコ・ロズベルグがスタートを決めたのに反して大失敗。1コーナーまでに8番手までポジションを落としてしまった。

 彼は最終的には3位でフィニッシュしたものの、ロズベルグが優勝したことで、ふたりのポイント差は33に広がってしまい、自力優勝がなくなってしまった。

 スタート前、イン側のグリッドにはまだ数か所濡れている場所があった。しかしハミルトンは、それがスタートのミスには関係しなかったと認めた。

「僕はウエットパッチが影響したとは思っていない。僕がミスしただけだ。そこから僕は上がっていくための仕事をした。それはトリッキーだったよ。しかし、僕はできる限りの最善を尽くした」

「僕はホイールスピンしただけだ」

 スタート直後に、「レースは終わった」」と思ったかどうか聞かれたハミルトンは、次のように答えた。

「正直なところ、僕は思い出すことができないんだ。僕はずっと、前に行く方法を探していた」

「真ん中のスティントでは、クルマは良いと感じたんだ。全体的にクルマは素晴らしかったよ。僕は最後まで懸命に戦ったんだけど、成し遂げられなかったんだ」

 ハミルトンはレース終盤、レッドブルのマックス・フェルスタッペンと2位を激しく争ったが、最終的にはフェルスタッペンのディフェンスを交わすことができず、シケインをオーバーランしてしまった。

 ハミルトンは無線でフェルスタッペンの動きに苦言を呈したが、レース後にさらなる議論をするつもりはないと言う。

「それは今、重要じゃない。それは終わったことだし、僕は前に進まなきゃいけない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Lewis Hamilton
記事タイプ 速報ニュース