ハミルトン「最後はタイヤが残っていなかった」

ルイス・ハミルトンは、1周目の1コーナーでフェリペ・ナッセと接触。ここでダメージを受けたことで、彼の追い上げは7番手止まりになったという。

 予選でのトラブルにより、最後尾グリッドからスタートしたハミルトンは、キミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルのフェラーリ2台が1コーナーで接触するまでに、大きくポジションを上げていた。しかし、ダメージを受けたライコネンのマシンがコースに戻った所、ナッセがこれを回避する行動をとったため、ハミルトンに接触してしまった。

「それは間違いなく難し買った」と言うハミルトン。

「僕は良いスタートを切ったんだ。でも、後ろからスタートするのは難しい。そしてそのあと、事故に巻き込まれてしまった」

「何かが前方で起こっていたので、それを回避しようとしたんだけど、それに絡まってしまった。その後、僕は自分の方法でだけ戦うことにしたんだ」

「このコースはとても好きだ。オーバーテイクができるからね。でも、クルマは少しダメージを受けていた。僕はわからなかったんだけど、エアロパーツの何かみたいだ。クルマの挙動も狂ってしまったので、サスペンションにもダメージがあったと思う」

ロズベルグが大きなリードを築いた

 チームはハミルトンのフロントウイングのフロントウイングを1周目の終わりに交換した。そしてセーフティカーの助けがあったにもかかわらず、チームメイトのニコ・ロズベルグに近づくことはできなかった。

 これにより、ロズベルグは選手権ポイントで36ポイントのリードを築いている。

「僕がストップするたびに、また後ろに戻されていった。だからなかなか前進していくことができなかったんだ」とハミルトンは語る。

「最終的には、タイヤはほとんど残っていなかった。とにかく、それがレースだ。この週末には良い結果にはならなかったけど、今後向上できるように祈ってるよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース