ハミルトン”部屋破壊”問題。ラウダ「誤解を招いたことを後悔」と声明

メルセデスは、ハミルトンがヨーロッパGPの際に控え室を破壊し、ロズベルグとの関係について嘘の発言をしたとするラウダの主張を否定した。

 メルセデスのノン・エクゼクティブ・チェアマンであるニキ・ラウダは、先日報道されたレッドブルのテレビ番組において、ルイス・ハミルトンがヨーロッパGPの予選でクラッシュした後、自らの控え室を破壊したと証言した。

 またラウダは、ハミルトンが「ロズベルグとの関係は良好」と語ったことについても「嘘をついた」と否定している。

 メルセデスはこのラウダの発言を受け、水曜日にリリースを発表した。その声明には、以下のような内容が記されている。

「オーストリアGPの前に収録されたテレビ番組に出演した後、ニキ・ラウダは誤解を正すため、以下のように述べた」

「ルイス・ハミルトンは、ホテルの部屋にいかなる損傷を与えることもなく、またサーキットにおける彼のプライベートルームについても同様だった。そしてルイス・ハミルトンがチームメイトのニコ・ロウベルグとの関係について語ったことについても、嘘はなかった」

「ニキは彼のコメントによって引き起こされた誤解について後悔している。彼のコメントは、番組のカジュアルな文脈と比較して釣り合いを欠き、でたらめに流布してしまった」

 メルセデスはオーストリアGPで起きたハミルトンとロズベルグの事故により、二度と同様の事件を起こさぬため、チームオーダーを発令することを検討している。これについては木曜日にも決定されるとみられている。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース