ハリアント「2017年F1に戻ってくることができる十分なチャンスが現状ある」

マノーのリザーブドライバーであるハリアントは、来季のシートを獲得するための活動に注力している。

 リオ・ハリアントは、パスカル・ウェーレインと共にマノーのマシンで今季の前半を戦っていたが、サマーブレイク明けからエスティバン・オコンにシートを奪われた。資金繰りの失敗が原因だ。

 シートを失った後も、ハリアントはリザーブドライバーとしてチームに留まっている。そして現在、2017年のシートを獲得するための活動に取り組んでいるという。

「今季マノーでフルシーズン戦うことができなかったことが残念だ。しかし、全てがここにあって、学ぶためにここにいる」とハリアントは答えた。

「うまくいっていると思う。今は来季F1に戻ってくるために活動しているんだ」

「いくつかの良いオプションがあって、まだチャンスがあると思う。(戻ってこられる確率は)50%だと思うよ。これから、いくつか良いニュースがあることを願ってるよ」

 また、マノーのコックピットに戻るのか、それとも他のチームを見ているのか訊くと、彼は次のように話した。

「僕たちはいくつかオプションを検討している。確かにそのうちのひとつがマノーだよ」

 またハリアントは、まだF1以外のカテゴリは見ていないと述べた。

「現状での優先事項は、F1のシートだ」

「僕はまだ実際に他のカテゴリを検討しているわけではない。今はとにかくF1に乗りたいんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Rio Haryanto
チーム マノー
記事タイプ 速報ニュース