ハース、今週末は通常と異なるブレーキパーツを使用

ブレーキトラブルに悩まされているハースは、通常とは異なるパーツの使用とともに、ブレーキサプライヤーの変更も検討している。

 アメリカGPでエステバン・グティエレス(ハース)に起きたブレーキトラブルを受けて、ブレンボとハースは今シーズンを通して何が悪かったのかを探るため、懸命に仕事を続けてきた。

 今週末は暫定的な処置として、通常とは異なるブレーキパットとブレーキディスクを使用するが、来月のブラジルGPに向けて、さらなる調査が予定されている。

 金曜日に行われたメキシコGPのフリー走行では、立て続けに起きているこの状況を見定めるためにも、片方のマシンにカーボン製のパーツを搭載してマシンを走らせていた。新しいパーツで残りのセッションに出走するか、ブレンボのパーツに戻してレースを行うかは、その後決められることになっていた。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは、このように話している。

「我々は普段とは異なるマテリアルを試している。というのも、来年に向けてこのマテリアルがどう機能するかを考えないといけない。どうなるのか、結果を見てみよう」

「問題があるのはわかっている」

 またハースは変更を加えたブレーキのコンポーネントを使用して、金曜日のフリー走行を迎えた。しかし、ポテンシャルの問題は見られず、グティエレスは先週よりも良い状況だったと話した。

「先週よりも良かった。パーツは強化されている」とグティエレスは話した。

「でも、レースでどうなるのか見てみよう。できれば壊れないでほしい」

 一連のブレーキトラブルが、自身にどのような影響を与えたかと訊かれたグティエレスは、以下のように説明した。

「こういうことは起こってほしくないし、チームとしてもベストなコンディションになるように、最善を尽くしている」

「マシンに乗っていてもフィーリングは良くないし、おそらくブレーキが壊れるだろうというのもわかっている。特にここでは360km/hも出るからね。だからもっとブレーキのことを考えなければいけない。リスクを負わないためにも、マシンの中でもいろいろ考える必要がある」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Esteban Gutierrez , Romain Grosjean
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース