バトン「エアロスクリーン導入はレッドブルに有利」

マクラーレンのジェンソン・バトンは、レッドブルがテストしたエアロスクリーンがF1マシンの外観をより良くすると考えているが、その姿をメインに未来のマシンデザインを採用する要因にしてはいけないと主張する。

 多くのドライバーは、エアロスクリーンの方がハロよりも外観上は優れて見えると語る。バトンもそのひとりだ。

「僕はその外観は好きだよ」とバトン。

「普通のF1マシンよりも良く見えると思う」

「数年後、今日レッドブルが試したデザインが採用されていた場合、今のマシンの方が奇妙に見えると思うよ」

「家族と一緒にブリストルでパワーボートを見たんだ。パワーボートも長年オープンコクピットだったんだけど、今はクローズドコクピットなんだ。それはとっても格好いいよ」

ルックスは重要ではない

 バトンは繰り返しこう言う。

「それは安全のために導入されるものだ。だから我々は、安全のために正しいオプションを選ばなければならない」

 エアロスクリーンには、多くの空力的影響があるように見える。それを他のチームが使ったり、風洞や彼らのマシンに取り付けるのは非常に難しいはずだ。バトンもそう指摘する。

「F1はコクピット保護のためには、レッドブルのソリューションを採用すべきだ。しかしそれは、レッドブルにアドバンテージを与えてしまうことになるだろう」

「レッドブルはすでに多くのテストをしていると僕は確信している。空力的にどうすればいいか、彼らは理解しているだろうね。しかし、彼らはこれを設計するために努力してきた」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Jenson Button
チーム McLaren , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース