バトン、将来を発表したレースは1周目で台無し

ジェンソン・バトンはようやくモンツァで来季の発表をしたが、そのレースが台無しになったと話した。

 マクラーレンのジェンソン・バトンは、来シーズンはF1に参戦せず、チームに留まってマシン開発の役割を担うことを発表した。また、彼に代わってストフェル・バンドーンがレースに出場することも併せて発表された。

 そのバトンはイタリアGPで、オープニングラップのインシデントに巻き込まれてしまい、レズモでワイドなラインを走行したが、そのインシデントは国際映像では捉えられなかった。

 最終的に、バトンはチームメイトのフェルナンド・アロンソをパスして、12位まで順位を戻してフィニッシュした。

「オープニングラップは混乱していた。僕は少し不要なミスをしてしまった」とバトンは話した。

「だけど、そこからリカバーできたんじゃないかな。ベストな準備はできなかったけど、感動的な週末だったよ。オープニングラップでラップでミスをした後は、それを処理できたと思う」

「スタートでミスをして、ホイールスピンしてしまった。あれは完全に僕のミスだ。最初はいいスタートを切れたと思ったから、イライラしたよ」

「レズモでザウバーの1台に押し出された。彼のせいでコースを外れてしまい、僕はグラベルに入ってしまうしかなかった。これはタフなレースになると思ったね」

「12位でフィニッシュできたけど、あまり良くはないよ。だけど、オープニングラップで最後尾まで落ちてしまったのに、11位までもう少しだったことは悪くない」

 マクラーレン・ホンダのパッケージは、シンガポールではより競争力を持てるだろうとバトンは考えている。

「おそらくシンガポールはかなり僕たちに合っていると思う。いつもはトラクションに苦しんでいるけど、ここでは大丈夫じゃないかな。ここはシーズンを通していちばんタフなサーキットだけど、トップ10に近づいたということを考えれば、それほどひどいことじゃないね」

「まだかなりパワーが足りないけど、いつもたくさんの改善が施されているし、それが僕たちの願いであり希望だ」

「僕たちは世界で最もベストなチームとレースをしているんだ。だから時間はかかるし、突然30kWも得ることはないよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Jenson Button
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース