バーニー「F1の売却価格はすでに決まっている」

バーニー・エクレストンは、F1の販売価格がすでに決まっていることを明らかにした。ただ、F1を売りに出すかどうかは、現在の所有者であるCVCキャピタル・パートナーズの決定次第だとしている。

 CVCキャピタル・パートナーズは現在、株式の35%を保有するF1の筆頭株主である。しかし、最終的にはこの株式を売り抜けるであろうとの噂が、この数ヶ月グランプリレースの現場で蔓延していた。ただ、アメリカや中国の企業が買収するとの情報があったにも関わらず、公式には何の進展もなかった。

 この件についてF1グループのトップであるバーニー・エクレストンがメール・オン・サンデーのインタビューに答え、交渉が進んでいることを示唆した。

「CVCは遅かれ早かれ、売却することを決定する判断を下すことになるだろうと思っている」

 エクレストンはそう語る。

「買いたいという人物は、確かに存在している。実際に二者がすでに価格面で合意していると聞いている。(それでも売却が完了していないが)これはCVCが売却するかしないか、その判断のみに委ねられているということだろう」

 CVCによるF1のオーナーシップにとっては、非常に興味深い時期が訪れている。それは、バーレーンGPに向けて予選システムを変更することができなかったという、このスポーツの管理体制が、大きな批判を集めているからだ。エクレストンは、F1が新しい所有者の元で行われるならば、物事が変化する可能性を指摘する。

「誰が購入するのか、そしてその彼らがどんな趣向を持っているのかが明らかになるまで、何か起こるかはわからないだろう」

これ以上、レースが増えることはない

 エクレストンはまた、ラスベガスが新たなF1開催の候補地であることを示唆しつつも、年間21戦を開催するF1において、将来的にもこれ以上開催数が拡大することはないと考えている。

「我々は今、21戦を開催している。これを増やすことは可能だろうが、そうならないと思っている」とエクレストン。

「21戦で十分だ。もしそれが増えることになれば、チームの面々は疲弊してしまうことになるだろう」

「ただ、ラスベガスとは契約を結んでいるよ。ベガスは、素晴らしいイベントになるだろう」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ eccclestone