パディ・ロウ「スロットルペダルの警告で、ニコに恐怖を与えた」

メルセデスのテクニカルチーフであるパディ・ロウは、トラブルを乗り越えポールポジションを獲得したロズベルグを称えた。

 メルセデスのニコ・ロズベルグは、予選Q3最初のアタックで電気系のトラブルに見舞われたものの、その後コースに復帰し、ルイス・ハミルトンを0.1秒下してポールポジションを獲得した。

 メルセデスの技術チーフであるパディ・ロウは、このトラブルがひとつの原因によるものではなく、複数の要因が重なって引き起こされたと説明した。

「彼(ロズベルグ)は、その周回の本当に最後に、いくつかの問題を抱えてしまった。そして、これが原因でエンジンが切れてしまった」と、ロウはスカイスポーツF1に対して語った。

「彼はすべてのギヤのシンクロを失い、そしてスロットルペダルに対する警告があった。実際にそうはならなかったが、彼には恐怖を与えてしまったと思う。スロットルペダルのコントロールを失うのが好きな人間など、誰もいないからね」

「彼はその周回を中止した。それにより、Q3のパターンが崩されてしまったと思う。しかし彼はそのストレスを整理してコースに出て行き、ポールタイムを記録した、しかも、2周分の燃料を搭載していた。私たちは感銘を受けたよ。我々は彼に2周のチャンスを与えた。そして素晴らしいラップ、素晴らしい仕事をこなしたんだ」

「我々はセーフモードをシャットダウンする方法を見つけた。そして、彼を再び送り出すことができたんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ドイツGP
サーキット ホッケンハイム
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース