ヒュルケンベルグ「フォースインディアはメーカーに”スポイル”されることはない」

ニコ・ヒュルケンベルグは、フォースインアディアは少ない予算にもかかわらず強くなったのは、メーカーにより「スポイルされていない」からだと信じている。

 フォースインディアはここ数年、安定してコンストラクターズランキングトップ6に入り、今年は5位を争っている。現時点ではウイリアムズのわずか3ポイント差に近づき、6位のマクラーレンを60ポイント引き離している。

 同チームのドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグは、フォースインディアは常にメーカーからの助けを借りずに働いてきたことが、効率的に作用したと考えている。

「彼らはスポイルされなかった。なぜなら、彼らにはメーカーがついていなかったし、そのために開発にたくさんの資金を使うことができなかった」

 ヒュルケンベルグは、そうmotorsport.comに対して語った。

「ザウバーについて考えてみれば、彼らはBMWと組み、そしてBMWは去っていった」

「フォースインディアには、そんなシナリオはなかった。しかし、ザウバーはたくさんの資金を持ち、そして彼らはもうそれを持っていない」

「彼らは非常に低い予算で活動する方法を知っていて、そして効率的な方法を学んだんだ」

「ザウバーでは、彼らが持っていたインフラを見ることができる。それを見れば、メーカーがそこにいたと言うことができるだろう」

 ヒュルケンベルグはそう答えた。ザウバーは2006年から2010年までBMWと組み、BMWザウバーとして活動していた。

 ヒュルケンベルグは、来季もフォースインディアに残る予定だた。そして彼は、フォースインディアは浪費することなく、雇用面で適切な人材を確保できていると考えている。

「この数年間、彼らは素晴らしい人材を採用してきたと思う」とヒュルケンベルグは言う。

「彼らはファクトリーに戻れば、共にうまく機能している。そして、彼らは非常に賢いし、何を選択すればいいのか理解している。なぜなら、僕らはたくさんの資金を持っていないからね」

「だから、僕らは進むべき道を慎重に選ぶ必要がある。何を継承し、何を本当に行い、そして何に注目するかをね」

「そして、それは僕らが決定を下す場合に重要なことだし、チームが本当に良くあるためにもキーとなるもののひとつだと思う」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Nico Hulkenberg
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース