ヒュルケンベルグ、予選で審議対象も違反なし。2番グリッド確定

フォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグは、予選で審議対象となっていたが、違反は無かったことが確認され、2番グリッドを確定させた。

 ヒュルケンベルグは、Q1でトロロッソのカルロス・サインツJr.がエンジントラブルでストップした際に、イエローフラッグ区間で十分に減速をしなかったため、審議対象にされていた。

 その他にも、ルノーのケビン・マグヌッセンとジョリオン・パーマー、ザウバーのフェリペ・ナッセ、マノーのリオ・ハリャントも審議対象となった。

 しかし審議の結果、十分な減速が認められたため、ペナルティを免れた。

 チームマネージャーのアンディー・スティーブンソンは、「サインツのエンジントラブルを見たとき、我々はすぐに無線でそのことを伝えたし、彼はしっかりとその無線を聞いていた」と話した。

「テレメトリーのデータを見て、それをスチュワードに提出したんだ」

 スチュワードは、「ドライバーはダブルイエローフラッグの区間を通常通り走ったが、その区間に近づくときには減速していたということをテレメトリーがはっきりと示していたし、イエローフラッグの出ていたセクターでは減速していた」と説明した。

 一方、パーマー、ナッセ、ハリャントは3グリッド降格ペナルティが課され、さらにペナルティポイントが2ポイント加算されることが決まった。

 なおマグヌッセンについても、ペナルティは課されなかった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Felipe Nasr , Jolyon Palmer , Nico Hulkenberg , Rio Haryanto
チーム Force India , マノー , Renault F1 Team , Sauber
記事タイプ 速報ニュース